FC2ブログ

Radio Wavelog -Contact Of Personality-

ARTICLE PAGE

ON AIR#1296 マーキー!

音楽
  • comment0
  • trackback0
・テレビで長崎原爆関連の番組を見てたら、哀しかった。
でも当時の被爆者たちは、泣く暇なんてなかったんだね……。
送られてきた手紙からは、そういう言葉があった。
戦争モノの映画やテレビドラマを観ていると、やたらと登場人物が泣いてるシーンが多いけど、コレが戦争を知らないってことなんだろうなって。

・サマソニから一夜明け、かなりの筋肉痛です。
最近、運動不足なんでしょうか。普段使わない筋肉使ったんでけっこう痛いっす。

それにしても、黄色いTシャツきたスタッフさんのおかげでサマソニはなりたってます。
お疲れ様です。僕もイベントスタッフやったりした時期があったんで、気持ちはわかります。

・で、今日はお世話になった快賊船の先輩が客演で出てる舞台を観に行きました。
神楽坂。

劇団HYBRID『血は、俺のもの!』

新撰組のハナシでした。
ギャグがことごとくスベっていて、笑いどころがわからない。
その割には、後半、笑いほとんどナシの空気になっていくっていう。
先輩を含め、役者さんの芝居や殺陣はかなりいいんですけど、やっぱりホンって大事だなあと。
どうすれば、笑っていただけるか。どうすれば興奮していただけるか。
シーンごとの空気をいかに分断せずにやっていくかってことっす。

あとは、音響、というか、選曲だなあ。
殺陣の基本ハードロックなのはいいと思うけど、そのほかのまじめなシーンで、槇原敬之とかOASISのバラードを使うのは、かなり雰囲気が合わなかった。

・観た後、家に帰ってまったりしようと思ってたら、後輩から電話。
神楽坂のもうひとつの劇場で芝居を見てたんだって。すごい偶然。
で、せっかく近くに来たんだからってことで電話してくれたらしい。嬉しいですね。
近所の喫茶店で後輩二人と楽しいトークしました。

・二時間ほど話して、お別れして、僕は江古田に行く。
レイコさんの歌の先生のライブでした。

ついに、初・江古田マーキー。
過去に多数のミュージシャンを輩出したマーキーを実際にこの目で見てきました。風情のあるライブハウスでした。
今度、斉藤哲夫が来るらしい。見てえ。

先生のライブは、ものすごかった。
女の人なんで、もっとクラシカルな歌い方(ファルセットとか)をするのかなと思ってたら、かなりの太い声。ドリームガールズみたいな。
打ち上げにも参加したら、知り合いに、ちょっと前に横浜で観たお芝居の役者さんに会ったよ。すっごい偶然もあるもんだね。
先生は自信に満ち溢れてました。自分もこれくらいの自信が欲しい。

・ただ、明日があるので、早めに退却。
明日は最終面接です。がんばってきます。
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply