FC2ブログ

Radio Wavelog -Contact Of Personality-

ARTICLE PAGE

ON AIR#1293 まんじり

舞台
  • comment0
  • trackback0
・今日の東京の暑さは地味にきつかったね。
この記事を書いている今も、ぜんぜん風がない。

・今日で、4週間、毎週木曜日にやっていたワークショップオーディションの方が終了しました。
最後の最後まで、台本を読んで、主宰さんの指導をもらってきた成果が出せたような気がする。
自分で抱えてた下手なプライドみたいなものを捨てられたからかな?
自分のやり方っていうのが必ずしもパーフェクト・プランじゃないんだってわかったし、それをいったんぶっ壊さないと、もっといい芝居ができないってこともわかった。

でもまだ全然満足できない。
ベストなんてものはいつまでたっても手に入れられない。
もっといいお芝居をしないと。

・そのあと。

主宰さんが、ワークショップに参加した役者さんに一人ひとりアドバイスをくれた。

僕には、
「好きなんだねえ」って。
もちろんお芝居のことね。

「あとはどれだけ本気で向かっていけるかだよ、キミには才能があるんだ」

と主宰さんが僕に言ってくださった。

もちろん、本気で言ってることじゃないのかもしれないけれど、主宰さん曰く、「こんなことめったに言わないんだよ」とのこと。
素直に嬉しかったです。

本気の中の本気で、これからも立ち向かっていけるかな?
とにかくやれるだけのことをやってこう。

今回のワークショップで学んだことはかなり多かった。
そして今までのどんなワークショップよりも転機になったと思う。

・さあ。
明日はついに、芸能事務所のオーディションです。
舞台俳優、映画俳優のプロダクション。ギョーカイ人に立ち向かっていきます。
もちろん、本気でね。

でも、ちょっと、緊張気味で眠れない夜です。

・奇しくも今日は、広島に原爆が落ちた日でした。
天国の高山象三は、今、何を想うだろう。
おんなじ大学を出て、自分のことを演じた僕のことを。
彼が続けたかったぶんまで頑張るよ。
時代に負けそうになったって、あきらめたくない、まだ今は。
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply