FC2ブログ

Radio Wavelog -Contact Of Personality-

ARTICLE PAGE

ON AIR#1258 今はまだ 人生を 人生を語らず

僭越ながら
  • comment0
  • trackback0
・友だちやら、先輩やら、知り合いのBLOGを読んでいます。
仕事で怒られ過ぎて、プロ野球の中継やら試合結果を伝えるニュースが見られなくなった先輩とか、ボーナスもらって充実してそうな先輩とか、ジョイポリで12時間勤務の友だちとかさー。
比べて俺なんて、たった6時間のバイトを10日連続勤務してもなんの苦労自慢にもなりゃしないわな。

大変だなーと思えども、パソコンの画面と画面の繋がりごときではどうにもこうにもできなくて、少しでも、頑張ってほしいなんて思って終わることが多い。

・「選択」というのは、生活の中で無意識のうちにやっていると思いますが、進学とか就職とか、けっこう意識してやらなくちゃいけないときだってありますね。
そのときの選択が後の自分を決定づけていた、なんてことに、後から気づくことだってあります。

僕を含め、いろんな人の選択。
それは、本当にあなたのやりたかったことなの?
なんて問いかけ。
自分から他人に、他人から自分に。

その選択をやめてしまえば、その人の才能は開花されたかもしれないと思ったり。
一方で自分の選択を「違うんじゃないか」といわれたら反抗してしまう。

・怒られ貶され、睡眠時間を削り、悔し涙を飲みながら必死に動くAD。
肩こりに悩まされ、退屈な仕事をこなしながら、キャリアを積もうと闘うスーツ姿の大人たち。
迷惑な客にペコペコしながら、家族のために働く飲食店の店長。
誰にも怒られずにバイト、睡眠もバッチリとっているけれど、生活に困り、本当にやりたいことは全然できないフリーター。

何が間違ってて、何が正しいのかなあ。

きっと、いいことにはヤなことがついてきて、ヤなことにはいいことがついてくるんです。
いいことづくしではないけど生きている。
ヤなことづくしではないから生きてける。
上手いことを言えればけっこうラクにことが進んでいくだろうけど、そうもいかないし。

人生なんてむやみに語るもんじゃないね。
拓郎も言ってたぜ。

でも、B'zも好きだ。

「いつのかにか」じゃない
自分で選んで歩いてきたこの迷路

(B'z 『ねがい』)
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply