FC2ブログ

Radio Wavelog -Contact Of Personality-

ARTICLE PAGE

ON AIR#1080 死ぬならひとりだ 生きるなら

僭越ながら
  • comment0
  • trackback0
・今日で今年一年のアルバイトはおしまい。一気に疲れが出ました。
少しずつ、年末年始の休みに入る店が多くなってきてますね。でも、お蕎麦屋さんや、郵便局の人たちは、これから忙しくなります。
別に年末年始に限らず、日曜や祝祭日に働く人たちのおかげで、僕たちの休日はあります。そういう感謝って、意外と忘れられてる気がします。忘れちゃいけませんよね。

・アルバイトの給料も、かじった親のスネも、全部、酒や映画に消えてった。
くだらなき我が日常。でもこのまま、終れない。終りたくない。

・今を生きている限り、今を生きるしかない。
僕にしては大それたことかもしれないけど、今年は「生きる」ってことを、けっこう真剣に考えたんだ。
高校2年のころ、大好きだった祖母が死んで、初めて人の死を見たとき以来だ。

高2の頃は、ただひたすらに、死ぬということが怖かった。
自分も誰も、地球ですらも、いつか必ず死を迎える事実が怖かった。

でも、違うんだね。本当は、いつか来る死ということでなく、死に向かって生きるということが怖かったんだ。このまま今を続けていくことが怖かった。

僕は、まだ、自分の死をリアルに感じることはできない。本当に死んじまう瞬間まで分からないかもしれない。
だから、まずは、生きることが怖くならないようになろう。
またいつか、その恐怖と向き合うことが、きっと必ずあるだろうけど、そのたび、自分を奮い立たせて。

もう、冗談でも、「死にたい」なんて思わないし、言わない。
大切なことを、たくさんの人に教えてもらいながら、今がある。
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply