FC2ブログ

Radio Wavelog -Contact Of Personality-

ARTICLE PAGE

ON AIR#1071 できあいの報酬なんてすぐなくなっちまうよ

僭越ながら
  • comment0
  • trackback0
ちょっと前に、親や、仲のいい友達に言われたことで、無償の愛を大事にしろというのがあって、「見返りを求めない関係が家族の間では大事なんだよ」とか、「もし恋人ができたらそういう関係になりたいね」とか、そんな話をした覚えがあります。

なかなかね、難しいとは思うんですけど、人間ってのは小ずるいし。損得勘定が入ったりすることありますよね。そんなこと言い出したら僕なんか特に小ずるいわけで、制作会社の人と知り合えたのも、ある種、損得勘定があったからだと思うんですよ。ゼッタイ譲れない夢があるからそういうのを黙認してきたんですけど……。
ほら、書くことを生業にしてる人で、他人の話を自分の飯のタネにしなくちゃいけないこともあるわけじゃないですか。本当は、経験につぐ経験の中で自然と文章に滲むのが理想で、人のことを利用したりしようとか考える人は、ろくなモノ書けない書き手だって思いたいけど、自分だってそういうネタは、哀しいかな、欲しかったりする。
だから、人間関係を考えるときに、「無償」と「損得」の間で悩むことが、多々、あるんです。

でもなあ、僕ってそんな人間なのに、
「俺はお前のために予定空けたりしてんのに、少しは俺のことも考えてくれよ」とか、
「なんで俺がこんなにまで協力してやってんのに、がっかりするようなことするんだよ」とか、
そういう会話を人がしているのを聴いていると、無性に、寂しくなります。
結局、「僕は君から欲しいモノがあるから君に優しくしてるんですよ」って言っちゃってるようなものだもんね。ほんとの優しさって、そういうことじゃないのにね。

なんだかなあ、この日は考えていたんです。
たとえば、昔は恋人同士だったけど、今は別れてただの友人関係です、みたいな二人がいるとしよう。でも、男の場合は女と違って引きずる傾向の人も多いしで、そういう感情が出てくるせいでどうしても本当の友人関係には戻れない。
僕は男なので、どうしても男の立場から見てしまうけど、そういう二人の会話を見ているとやっぱり男が関係を戻せないでギクシャクしているというか、そういう雰囲気を感じます。なんつーか、男の会話の節々に、今の関係の中に何かを欲しがっているような、そんな気がして。
それは、単に相手の優しさかもしれないし、笑顔かもしれないし、もしかしたらセックスかもしれないし、それはまあ、人それぞれなんだろうけど、さっき言った「~してやったのに」「せっかく~してるのに」というようなことは、だいたい男が口走ってるように思う。

で、会話していくうちに、そういう損得勘定を捨てざるを得ない状況に追い込まれると、今度は無駄に憎まれ口を叩くんです。「お前は結局~だ」とか、「お前はずっと~でもしてりゃいいんだよ」とか、そういうどうでもいいようなことで相手をなじって、優位に立ちたがるんですね。ここまで来ると、どんなに仲のいい友達がそうなったとしても、救えないというか、そんな空しさに襲われますね。そんなことしてもどうにもならないし、引きずってることを露呈しているだけだし、自分が思う以上にみにくいってことに、本人が一番気づいてないんだよなあ。

なんだかそういう心のだらしなさというのが自分で男として生きていて感じられるから、たまーに女に生まれればよかったなんて考えます。そんなことをいうと、女の子の友達には「そんなの女に夢見てるだけだよ、女はめんどくさいよ」と言われてしまうんですが。男の醜態って本当に目も当てられないからさ。

無償の愛でありたいなんて、きれいごとなのかもしれませんが、家族でも友人でも、そういう報酬を求めない相手と、少なからず出会えた経験があるだけ、マシでしょうかね、僕は。

ちょっと恋人という関係から話してしまいましたけど、それに限らず、いろんな人間関係にそれは言えるわけで。「いや、俺は見返りなんて求めてない」とか、「あたしはそういう関係は築きたくない」っていう人ほど陥りやすい。

そうそう、あなたかもしれませんよ。

みだらにつのる欲望を隠して
ぎこちないセリフにしばられるアナタかわいそう
しゃべりなよだれにいくら入るのか
あてもない旅の話なら朝までしようよ
(B'z『FUSHIDARA100%』より)
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply