FC2ブログ

Radio Wavelog -Contact Of Personality-

ARTICLE PAGE

ON AIR#1068 蹉跌と焦燥

僭越ながら
  • comment2
  • trackback0
テストが終わった。

学生中にやるべきことがどんどん少なくなっていく。

何をすべきかわからなくなっても、

探さないといけない、

生きないといけない。

 どんなに年をとっても、
 子どものころの思い出というのは、
 忘れるどころか、ますます輝きを増してくるようです。
 ぼく自身についても、
 そんなこと、もういいかげん忘れろよ、
 というようなことが忘れられません。
 いいことも、わるいことも、どうでもいいことも、
 いつまででも憶えているんですよね。

 どちらかといえば、ぼくは、
 「昔はよかった」と言いたがる人ではありません。
 それでも、昔のことをこんなによく憶えているのは、
 なんだか不思議な気持ちになります。
  
 思い出というのは、「その人の材料」なのかな。
 ぼくは、いまも忘れられない無数の思い出で、
 つくられた人間なのかもしれない。
 そんなふうにも、思えるのです。

 ひさしぶりに夢に出てきた小学生時代の友だちとか、
 まぁいまになっても言えない恥ずかしいことだとか、
 妙にうまかった食いもののことだとか、
 あの道や、池や、川や、誰かの怒った顔。

 頭で憶えた歴史の年号も、数学の公式も、漢字も、
 小説のあらすじも、自分の過去の電話番号も、
 いや、いまの住所さえも‥‥ぜんぶ忘れたとしても、
 実際に経験したことは忘れない。

 あんまり幸せにしてやれなかった犬のことだとか、
 粗末につきあった人のこととかも、
 たくさんの楽しかった思い出に混じって、
 忘れられないままに、死ぬまで持ち越すわけです。
 ぼくだけでも、あなただけでもなく、
 人間は、みんな、そういうものなんだと思うわけで。
 そう思えるから、思い出すことを怖がりすぎなくて、
 なんとかやっていけるんです。
 「人生は、別れと出会いの連続だ」と言いますけれど、
 「人生は、ごめんとありがとうの物語」でもあります。
(糸井重里 『ほぼ日刊イトイ新聞』 12月16日『今日のダーリン』より)

スポンサーサイト



Comments 2

ゆりえ  

おつかれ。
私は過去のことはサッサと忘れる。笑
最近友達に言われたこともサッサと忘れすぎて、
怒られる。とほほほ~

2008/12/21 (Sun) 22:36 | EDIT | REPLY |   
のび  
コメントありがとうございます。

「人が物事を忘れるのは、忘れたいから」と、誰かが言ってましたけど、
本当にその通りだんだなあと。
振り返ってみて、忘れたいようなことも覚えてるのは、
結局、今の自分にとって忘れたくないからなのかな、と。

忘れないことだけちゃんととっとけばいいんじゃないでしょうか。

2008/12/25 (Thu) 16:06 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply