FC2ブログ

Radio Wavelog -Contact Of Personality-

ARTICLE PAGE

ON AIR#1058 おいしいキムチの作り方?

  • comment0
  • trackback0
・西日暮里にて、あんこう鍋をごちそうになった。
他にも、刺身とかウニとかカニサラダとか、特製さつまあげ、全てついて学生料金で2000円でいいというのだから、学生もやっておいてよかったと思うことしきりである。空気読めといわれても仕方がないくらいに食べてしまった。明日は肌がさらさらになるといいなあ。

・席で一緒になった方が、先生に教わったことの中に、「シナリオは書くな」という教えというか、アドバイスがあったそうだ。
むやみやたらに書くよりも、遊んだり、人と話したりすることが、自分の糧になるのだ、書けるほどに何かを経験しろ、という話だ。
シナリオをまったく書かないわけにはいかないけれども、書けるほどの素材というのは、結局のところ、あまりないものなあ。でも、普段、見落としているだけなのかもしれない。

・映画を作るということはキムチを作ることに似ていると、脚本家がいう。
まあ、たとえは確かに変なのだが、初めから素材を自分で選んで、じっくり何日間も漬けるというのと、キムチの素でさっと浅漬けていくのと、あって、どっちがいいのか、という話で、
じっくり漬けることはきっと美味くなるに違いないんだけど、食べごろを逃すことがあるとは思う。この時書きたかったことが時が経つとタイムリーではなくなってたりすることはあるからね。
逆に浅漬けは、すぐ食べられるから、さあ、キムチです、とすぐ伝わるけど、結局素材の味しかしなくて、その奥にあるうまみは感じない。
たぶん、今の僕がやりたい作り方は食べごろをすごく逃している。

・でも今の業界は、たぶん浅漬けキムチなのだろう、
脚本家が今の映画、テレビを浅漬けであふれてる、と言ってたのが印象深かった。
偉そうな口たたくのはちゃんとその世界に入ってからだな。
入りたい。
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply