FC2ブログ

Radio Wavelog -Contact Of Personality-

ARTICLE PAGE

ON AIR#1044 ウタツギ

音楽
  • comment2
  • trackback0
・この日、僕の両親が、結婚記念日でした。
なんとまあ、30周年。
これからも熟年離婚とかないように、仲良くしていてください。
息子も頑張ります。

・先輩の主催するライブが池袋でありまして、
それに、歌い手(ソロ)として参加してきました。
で、結婚記念日の両親もわざわざ、池袋にやってきてくれました。
いいプレゼントになったかしら。
ライブでは催し物でビンゴをやってたんですが、
なんと、うちの父親が一番乗りでビンゴになりまして、赤ワインを手に入れましたよ。
なんつーか、こういう偶然な幸せってあるんだなあ。
素直に、心から嬉しかった。
ちなみに母親のもビンゴになりまして、今話題のビールかけが味わえるシャンプーを手に入れました。
少し遅れましたがおめでとうございます。
結婚してくれて本当にありがとうございます。

・僕がやったのは2曲カバーの、5曲オリジナル。
『ウタツギ』というメインテーマと、「時」をサブテーマに……。
なかなかいいメロディや歌詞が出なかったり、前日までアレンジが決まらなかった曲もあったりで大変だったけど、
聴いてくれた先輩は、けっこう褒めてくれた。手を抜かずやった結果はあったかな。

・音楽は単なる趣味だけど、妥協はしたくなかったです。最近のヒットチャートに対する反骨心もそれなりにあったし。自分のことを歌うだけだったと言えばそれまでなんだけど。伝えたいことはやっぱりあったから。
だから、カバー曲の選曲も、かなり凝ったのだ。単に有名な曲を選ぶことでお客さんを喜ばせることはしたくなかった。代表曲だけが名曲とは限らないし、ダウンロードで音楽を買ってばかりいると気づけない音楽との出会いがあるんだってことに気づいて欲しくもあった。
まあ、そこまでくどく説明することはできなかったけど、歌うことで何か伝われば……。

・前にも言ったけど、NHKの某番組の言葉を借りれば、最近の音楽は、「ソング」が失われてると思う。
メロディの幅は広がったけど、代わりに、安直で画一的な歌詞、商業主義に潰されて統一化された「アーティスト」の方向性。「歌う」って何なのかを忘れてる。だからそういうことに対するアンチテーゼみたいなものは常に持って音楽を好きでいたいと思う。

・ちっちゃなライブハウスで先輩に誘われて出ただけなのに、何を偉そうに、と自分でも思うけれど、目の前に聴いてくれる人がいるなら、そういうことから始めないと。
それは、自分が本当にやりたい映画の世界でも同じじゃないかな。
映画も、今、同じような状況だからさ。カネになる原作はどんどん見つかるようになったけど、「脚本」の意味が失われかけてる。

・ライブ全体的には、
司会の漫才にめちゃくちゃ笑い、
フジワラくんのハイトーンボイス&美メロに感動し、
スピッツのカバーに感動し、
ストラットのライブ魂に揺さぶられる。
そう、ストラットはかなり好きなバンド。
お世辞じゃなく、彼らだけでライブをして欲しい。カッコよすぎ。
かかしまじょの哲学列車のCDが欲しくなり、
キノタンのデジタルサウンドの常識を覆すパフォーマンスには改めて感服し……。
自分のためにインプットしたいことがたくさん見つかったライブだった。
「届ける」ということをもっと、もっと追求したい、と思った。

・あと、これは毎回思うことだけれど、
小さいライブハウスでロックテイストの曲をやると、ボーカルが何を歌っているのか聞き取れないんだよなあ。やっぱ、設備の問題なのだろうか。
もし、機会があれば、バンドで何かやりたいと思ったりするので、これは重要。

・打ち上げで、先輩の話を聴いていたけれど、
心の持ち様で、いくらでも充実した毎日は過ごせるんだなあと思った。
なんか、羨ましいなあ。

・けど、哀しいかな、音楽では評価されるのに、
肝心の映画では全然ほめられない。
『デトロイト・メタル・シティ』的な話ですけど、
自分の本当にやりたいことほど、評価されないんだよね……。
音楽のステージに上がるのは「楽しい」ってだけで、これで食っていきたいとは思わないよ、さすがに……。
スポンサーサイト



Comments 2

?  
Re: ON AIR#1044 ウタツギ

赤ワインを頂いて嬉しかったです (*^_^*)

2008/11/27 (Thu) 12:24 | EDIT | REPLY |   
のび  
コメントありがとうございます

どうもどうも。
来てくれてありがとうございました。
ワインおいしかったですか?
ビールかけシャンプーも、今度渡しますね。

2008/11/28 (Fri) 05:42 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply