FC2ブログ

Radio Wavelog -Contact Of Personality-

ARTICLE PAGE

ON AIR#1001 雑多

フリートーク
  • comment0
  • trackback0
・飯田橋で映画を観る。
「西の魔女が死んだ」。
抽象的ですが、最近の原作のある映画にありがちな独特の灰汁がないというか、サラリとしているのに、最後に映画らしい感動を見せているいい映画だった。
飯田橋の映画館、ギンレイホールにもだいぶ通っている。
この映画館で販売している、シネパスポートがあれば何度でもタダで入ることができるので、見逃してた映画が上映予定に入ると嬉しくなる。
逆に、他の映画館で1500円払ってすでに観ている映画が上映予定に入るととても悔しい。
僕が持っているのはペアカードで、二人までならタダなのです。これを買った当時、好きな人がいて、映画に誘いたかったくらいの不純な理由で購入しました。僕ってのは常にそういうことしか考えていないのだ。
来年からはシングルカードに変更が効くかなあ。8000円の差はでかい。
詳しくはHPで。

・その後、自転車で椎名町まで。友達とシアター風姿花伝で舞台を観る。
友達が舞台に出たのだ。
「戦場のピクニック」。
もともとそんなに舞台は観ませんが、普段僕が観ている舞台とはまた違う作品だった。
むしろ僕が学生劇団でやってることが明確に「演劇の敷居をいい意味で低くする」ということなだけに、
敷居の高そうな演劇を観たので新鮮だった。
僕を誘った友達、普段も綺麗だけど舞台化粧でめちゃくちゃ綺麗で、見とれてしまったよ。
男の役者と手をつないでたが、僕が手をつなぎたいほどだった。僕ってのは常にそういうことしか考えていないのだ。
演劇が敷居が高いのが問題なら、映画は敷居が低くなりすぎたことに問題があると思うのだが、どうだろう。

・家に帰り、録画しておいた、「ブラッディ・マンディ」を観る。
20世紀少年の流行に乗っかったような設定だなあ。
こういうSFは好きなのだが、CM多すぎで早くもリタイア。
あと一時間近く残した状態で布団にくるまる。
一回熱意が切れると一気に観る気がなくなるんだよな。
「小児救命」「あらびき団」「爆笑オンエアバトル」「バース・デイ」も録画予約しておくか……。
「あらびき団」等、好きな番組もある。くだらないけどこんなに笑える番組ないからな。
一回熱意を持つと、何度も観たくなる。片思いとおんなじようなモノだ。一週間に一度じゃ足りない。僕ってのは常に……(略)
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply