FC2ブログ

ON AIR#4323 “黄金の時/堂場瞬一”

0
一週間に一冊はやっぱり難しい。厚いのから薄いのまであるからね。『黄金の時』は比較的短いけど。文春文庫。読み応えあった。堂場さんのは、スポーツ小説ばっかり読んでるわ。いいかげん警察小説を読まなきゃと思ってるけど、気づいたら次のスポーツ小説が出てるほど筆の早いひとだ。スポーツは娯楽でありながら、スポーツのなかに潜む、人生の真実をずっと追い求めている。堂場さんの姿勢は、僕のスポーツ観と似てる、と勝手に思...

ON AIR#4322 “入船亭小辰さんのこと”

0
そういえば、『Starting Over』の顔合わせの日は、武道館でさだまさしさんがやる落語のイベントがあったのです。談春、一之輔、志の輔と、そうそうたる落語家さんたちがいらっしゃるから、ソッコーでソールドアウトだったし、買えたとしても、顔合わせで行けなくなってたんだけど、武道館に出る若手落語家さんの中に、二ツ目の、入船亭小辰さんという僕の先輩がいる。大学の先輩というか、バイトの先輩だったんだけど、バイト中、...

ON AIR#4321 “SONATINE(1993)”

0
『ソナチネ』。これも『嫌われ松子の一生』で共演したお宮の松さんからのオススメで。北野武監督なら『その男、凶暴につき』とコレだけは観とけ、とのこと。音楽のことは詳しくないけど、久石譲さんの音楽がとても印象的、その音楽に沿って紡がれるヤクザの哀しき宿命の物語。胸に刺さるものがありました。北野武監督の人生観、映画の哲学のすべてはここに詰まっているような気がしました。では、また。...

ON AIR#4320 “New Starting Over”

2
『Starting Over』の顔合わせ。本読みも行ったが、単なる再演ではなく、より新しい形のお芝居を目指して、演出の赤羽くんが早くもたくさんのアイデアを提示しているので、我々ヤクシャもそこに負けないようにくらいついていくのみ。科白量の多さに負けてたまるか、いや負けるかよ。どうしても初めの稽古でトチりまくるのがよくない。その点、先輩の那波さんとか重松さんとかが凄いと思うんだよね……。まあ頑張ろう。すべてはここか...

ON AIR#4319 “SOGON!”

0
芦川誠さんの紹介で狂言というものを初めて観てきた。伝統芸能でありながら現代でいう喜劇(またはコント)のようで、ところどころに笑いどころがはっきりとあって、観ていて面白かった。狂言というものを誰にも親しんでいただけるような試みもあるようで、現代劇と狂言にしたものが春に上演されたりもするらしい。その辺は落語とか講談師、能、歌舞伎とかも同じで、徐々に時代に合わせて伝統芸能も進化していかなければいけないの...

ON AIR#4318 “Do So Ky”

0
10代のとき、通っていた塾の同窓会があった。毎年、年賀状をいただいていたのにも関わらず、こちらも稽古があったり、あとは忘れていたり、不義理になってばかりだったのが、昨年あるきっかけでメールをして、その縁で今回顔を出すことに。本当に何年ふりかもわからないくらいで、お世話になった先輩方も先生もお変わりなかった。あんなに嬉しそうな先生の顔は初めて見た。僕のような、塾の設立から十年にも満たない時期の代の生徒...

ON AIR#4317 “FIGHT CLUB(1999)”

0
『ファイト・クラブ』。これは1999僕が観るべき映画は、やっぱり2000~2003年前後、僕の高校時代に制作・発表された作品なのだなあと思った。明らかにこの時代の映画だけ面白いくらい観てない。これだけ有名な映画にも関わらず観ていないのだから。しかし『ビューティフル・マインド』に続けてこの映画を観たのは、偶然にしても出来すぎだよな。気になる人は、『ビューティフル・マインド』とセットで観てみてください。エドワード...

ON AIR#4316 “A BEAUTIFUL MIND(2001)”

0
『ビューティフル・マインド』。後輩の大迫ちゃんがめちゃくちゃ推してたので観た。だいぶ有名な映画なんだけど観てなかったなー。2001年っていうと、僕が高1なんで。まだ映画を好きになる前だったかもしれませんね。僕が映画を好きになるのはおそらく高校生になってから。映画への想いが徐々に強くなる時期ではあった。ラッセル・クロウが一番かっこいい時期だね。エド・ハリスもめちゃくちゃかっこいい。一応ネタバレしないよう...

ON AIR#4315 “SHOPLIFTERS(2018)”

0
『万引き家族』。 昨日の記事の続きになりますが、是枝監督の最新作『万引き家族』の洋題は『SHOPLIFTERS』。意味合い的にはそのまんまです。日本社会の現実を描いた作品が皮肉にもパルム・ドール。是枝監督の作品、結局初期の作品観てないわ。『誰も知らない』は観てるけど。TSUTAYAに行けばあるかな?『ワンダフルライフ』くらいは観とかないといけないよね。僕が好きなタイプの映画の作りではまったくないんだけど、毎回毎回惹...

ON AIR#4314 “VIOLENT COP(1989)”

0
『その男、凶暴につき』。北野武監督とか是枝監督とか、世界的なひとは、だいたい映画のタイトルに、いわゆる洋題をつけている。この映画は『Violent Cop』。暴力的な刑事、だったかな。こういう洋題ならではのしゃれっ気が僕は好きだ。映画ではないけど、浜田省吾とか、尾崎豊も、曲には必ず洋題がある。昔は好きで浜省と尾崎のCDなんかを買ったりしてたんだけど、ブックオフなんかでCDを手に取ると、全部洋題だったりして、どれ...

ON AIR#4313 “渋谷/Shibuya”

2
渋谷が苦手だった。僕のなかの渋谷のイメージは子供のころに観た『ガメラ3』で壊滅する場所である。だから初めて109を見たときはちょっと感動した。怪獣映画好きをこじらせていたひとなら解ると思うが、映画でぶっ壊れた建築物をこの目で見たときの快感は一度知ったら忘れないだろう。渋谷に初めて降りたのがいつだったかまではちょっと思い出せない。たぶんだけど、学生時代にユーロスペースかなんかに行ったのが最初だったかと思...

ON AIR#4312 “A Rental Heart”

2
公演が終ってしまうと途端に日にちの感覚をなくしてしまうのが、社会人になりきれてない僕のようなやつのよくないところで。どうしても観ておかなければいけない映画があって、TSUTAYAで借りて一通り観たのだが、返却予定日を勘違いしていて、延滞金を払うはめになった。TSUTAYAにお世話になってから初めての延滞金だ。延滞金でもポイント溜まるのが新たな発見だったが、それにしたって自分にがっかりする。或る映画を借りたいと思...

ON AIR#4311 “完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込/若林正恭”

0
今年は映画だけじゃなく本も読むぞ、と意気込んでみたものの、読んだ本といえば、それこそ『嫌われ松子の一生』の上・下巻と、『僕たちの戦争』(荻原浩)くらいで、あとはちんたら読むばかり。舞台も終ったことだし、おんぼろの鞄の底に鎮座していた、『完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込』を読む。素晴しいエッセイだった。芸人さんが書いた小説も評価が高かったりするけど、こういう等身大のひとが精一杯書いているエッセ...

ON AIR#4310 “納豆のたれ/Sauce Of Natto”

0
子供のころ、納豆そのものより、たれの味が好きだった。納豆だけでなく、目玉焼きとか、ほうれんそうのおひたしなんかにかけても美味い。いつのころからか、母がたれのボトルなるものを買ってくるようになった。納豆のたれの味も濃くなるし最高だ。以来ことあるごとにこれをかけては夕飯などを楽しんでいたのだが、上京してから東京のスーパーではついぞ見たことがない。私が気づかないだけなのか、それとも本当にないのか。まあ別...

ON AIR#4309 “care package”

0
今日はバレンタイン・デーだ。先週の公演では、時期と言うのもあってチョコレートが多かった。チョコ好きとしては嬉しい一週間であった。思わず食べるのを遠慮してしまうような高そうな洋菓子も嬉しいが、チョコのほうはすぐ手を出せる親しさがある。それにしても毎回本当におしゃれな差し入れを見かける。おいしさだけでなく、見た目で華やかなお菓子ばかりだ。本当に嬉しい。なかには千穐楽の日の昼と夕方の公演の間にみんながメ...

ON AIR#4308 “DEATH BECOMES HER(1992)”

0
ロバート・ゼメキスの映画が好きだけど、まだ観てないのがある。『永遠(とわ)に美しく…』を観てみた。ブルース・ウィリスが素敵だった。アクションのイメージのある俳優がアクションをほとんどやらない映画に出てると、なんでちょっと嬉しくなっちゃうんだろう。その人の違う面を見た嬉しさと同じなのかな。コメディなんだけど、『シャイニング』よりも怖かった。メリル・ストリープがとても美しい。CG技術も良いのだが、どうや...

ON AIR#4307 “THE EXPENDABLES(2010)”

0
いつまで続く、俺のスタローン・ブーム。映画のなかのスタローンは鈍い光だったり、孤独で悲しい目だったり、いろんな色っぽい目をしているけど、特典映像で見る普段のスタローンの目はキラキラしてる。『エクスペンダブルズ』、やりたい放題だったなあ。こういうことができる俳優兼監督もいいよね。そういえばクリント・イーストウッドの最新作が公開されるとか。楽しみだね。結局家に閉じこもっても映画の情報は得られない。ひた...

ON AIR#4306 “嬉しい悔しい/Same Thing”

0
嫌われ松子の一生が終った。人生は一度きりと教えてもらえる作品でした。新人以来の大入り袋。顔疲れてるように見えますが、疲れてません。ご来場いただきましたみなさま、本当に本当にありがとうございました!では、また。...

ON AIR#4305 “all over”

0
劇場には次回公演のポスターも貼らせていただいてます。見てくれたかたいますか?頑張ります。では、また。明日で楽日。...

ON AIR#4304 “matsuko......”

0
毎日補助席を出させていただいてます。本当にありがとうございます。いろいろ考えてスムーズにお客様を案内できるように……。これも勉強。では、また。...

ON AIR#4303 “matsuko...”

0
Aチームの小原汰武くんは、裏班でも、表班、つまり自分の出演するときでも、ギリギリまで作業を手伝うナイスガイです。Bチーム初日も無事終了。では、また。...

ON AIR#4302 “Mastuko Emotion!”

0
『嫌われ松子の一生』、初日無事終了!明日は田嶋の出るBチーム初日です。私が出る舞台はだいたい初日が雨になることが不思議と多くて、今回はどうかなと思ってたけど幸い天気にも恵まれました。昨日は雨だったけど。月曜が最終日で、初日がいつもの水曜日じゃなく木曜日でよかったよね。明日も頑張ります!では、また。...

ON AIR#4301 “Hot Premonition”

0
いよいよ、明日。開幕だ。お宮の松さん。Bチーム。めっちゃ面白い。芦川さんとも知り合いなので、共通の話も聞けたり、すごく勉強になることを言ってくださいます。舞台は出逢いの連続。これからもよき出逢いを。では、また。...

ON AIR#4300 “Sweet Premonition”

0
『嫌われ松子の一生』、小屋入りしました。池袋って何度も思いますが、いいところですよ。埼玉県民にとっての東京の入り口だからね。なんか、傑作になりそうな予感……?その予感が的中するように、がんばらなきゃです!意気込んでたら、TSUTAYAでレンタルしてた作品をまだ返してないことにいま気づいた。時間見つけて返しにいかな……。では、また。【忙しいなか大道具の積み込みを手伝ってくれた星野太希くん】...

ON AIR#4299 “KOKAI GENE”

0
『嫌われ松子の一生』ですが、公開ゲネが決定!田嶋の出るBチームのゲネプロは、2/8(金)、14時開演です。2500円、全席自由席!是非、よろしくお願い致します。では、また。...

ON AIR#4298 “allergy egg”

2
下のほうの姪がついにハイハイ開始。ちょっとずつ成長してる。怒られたり叱られたりしてくれるひとに感謝しなきゃいけない。芝居のダメ出しも。親は自分の孫が卵アレルギーだということを知って教えてくれたが、息子がエビ、イカ、貝がダメだということは忘れていた。成長の嬉しさも、忘れてしまわれる寂しさも、すべて同じ人生の一部。では、また。...

ON AIR#4297 “BEST THING”

0
観たい読みたい作品が多すぎて人生の時間が足りない。神様に、俺の本来の寿命にあと2年くらいサービスしてもらって、その時間を一気に鑑賞する時間に充てられたら、なんて夢想しても、そんなことは起きないし、もっともその2年すらまっとうに使えなさそうだ。ここのところの稽古時間は、たぶん一般企業の労働時間とほとんど同じくらいのはずなんだけど、終ったあとは泥のように眠る。身体使ってるからかな。俺が普通に就職してたら...

ON AIR#4296 “ROSE TIME”

0
今日から二月。プロ野球キャンプも始まった。映画も安い日だ。まあ稽古で観られないけど。二日連続で頭痛がしんどい。小原汰武くん。Aチーム!超カッコいいっす。演出の言うことをすぐ吸収して一気に突破していく。俺もそれくらいの才能が欲しいぜ。『メゾン・ド・ポリス』ってドラマを視てる。(でもほとんど流し視です、すみません)元敏腕刑事だからなんだかが、引退して、シェアハウスで仲良く暮らしつつ、一話を通して事件を...