ON AIR#3566 “BACKSEET STORY”

約一日かけて、大掃除。いつになっても、新しい環境になるのはどきどきする……。それでも希望を持ちたい。とにかく、何かやらなきゃ。何かを始めなければ、何も起きない。今週の『カルテット』もよかったよね。不覚にも、涙が……。ミステリーっぽくもあるけど、奥底にあるのはヒューマンドラマなんだよな。そしてどこまでも演劇らしくて。こんな素晴しいドラマを見られるのは幸せ。テレビドラマとかで難しいのは、車のシーンですよね...

ON AIR#3565 “Great 30”

今年の全豪オープンテニスは、男子、女子、ともに素晴しかったね。決勝に出た選手は全員、三十代。女子のビーナスとセリーナにいたっては、どちらもアラフォーである。セリーナはいまでも第一線だけど、ビーナス、フェデラー、ナダルも、苦しい時期を克服しての、見事なカムバック。テニスは若さだけではない、ということを改めて教えてくれた、最高の大会だった。涙なしには表彰式は聞けない。優勝者、準優勝者、どちらのコメント...

ON AIR#3564 “ #HakuhoCup ”

白鵬杯を、ちょっとだけ見てきた。白鵬杯って、国際親善もかねたわんぱく相撲の全国大会。なんといっても入場無料。こういう企画を七年も開催できる白鵬の偉大さ。子供同士の取り組みなのに、観客全員が熱狂するような一番もあって、白鵬自身が思わず「みなさん、もう一度拍手を!」って言ってる場面が印象的だった。前日にも宣伝でバラエティ番組に出たりして、ほとんど睡眠はとってないはずだけど、朝早くからの長丁場、いちいち...

ON AIR#3563 “PAPER ACTOR”

福岡県、宮若市にて。午前のワンステージ。終ったあとは、12時間、車移動!昨日、今日と、温かい学校でした。教師の方々がやさしさに満ちていると、子供にも、いい移り方をしていくんだよね。いい意味での。伝染。それでも今日は一番納得いかなかったなあ。これも、慣れ。常に新鮮な気持ちでやるためには、準備を早くしなくちゃ……。では、また。三木SAでいい財布売ってたなあ。ほしかった。では、また。【ありがとう福岡】...

ON AIR#3562 “SukumoFerry”

高知県宿毛市にて、午後のワンステージ。終ったあと、福岡へ。フェリーを使いましたわ。福岡って何度か行ってるけど、結局、博多を拝むことはできないんだなあ。今回もそう。景色きれいだなー。風強いけど。では、また。FUKUOKA/ASKA...

ON AIR#3561 “MUGIMACHI DIARY”

徳島県、牟岐町にて。考えて考えまくってやっている。もっとできることがあるはず……。宿が乾燥したりするんで、風呂に思いっ切りお湯足したりして寝ています。では、また。徳島ラーメン、うまいよね。都内にもっとできないかなあ。...

ON AIR#3560 “EVEN IF???”

徳島県、上板町にて。科白を置きにいかないでやらないといけないな……。言いにくい科白って、ほんと大変。何度もやるしかない。そういえば、とあるドラマを視たんだけど、みんな夢追い人で見てるこっちが疲れちゃったよ。モテるひとがモテないひと演じるのって、すごいことだけどね。あー、甘いもの食べたい。では、また。...

ON AIR#3559 “Zen2G”

今日から『河童の笛』。香川県、善通寺市にて。二年以上、離れていた演目なので、緊張感があった。反省点もかなり多かった。それでも、やりきらなくては……。では、また。タルタルが好きなんだよね。...

ON AIR#3558 “TriNiku”

『花咲き山』の公演。大阪府、茨城市にて。明日は『河童の笛』に変更!近くのスーパーで飯を買ったんだけど、美味かったなあ。自炊するときはいつも豚肉だが、外で食うときは、ことあるごとに鶏肉だな。チキン南蛮定食があれば、生きていけます。では、また。...

ON AIR#3557 “A CASE OF”

大阪へ。自分はよく眼鏡のケースを忘れてしまう。なので、前日のうちに、当日確認するメモに、「メガネケース! 忘れず!」って書いた。なのに忘れてしまった。しかたないので、近くの100均一で買おうと思ったら、その100均一、潰れてやがった。これは困ったなあ。では、また。...

ON AIR#3556 “ONE DAY TICKET”

トランプ就任と、稀勢の里優勝が同時に決まるとはなあ。しかし大相撲は数年前より格段に行きづらくなっちゃったな。毎日札止めだもんね。数年前は、当日券でも余裕で入れたんだけど、いまは当日券になろうものなら、朝から並ばないと絶対行けない。八百長とか暴力団だとか、いろんな問題が出てきたころから比べれば、こんなにうれしい事態はないけれどさ。それもこれも、当時の理事長が本気で頑張ったからだよね……。北の富士さんも...

ON AIR#3555 “BLACK SOX”

下着……パンツは、むこう30年くらいは困らないくらい持ってるんだけど、靴下は、けっこう穴が開いてしまったりして捨てたりするから、なくなりやすいんだよなあ。河童の笛では必ず黒い靴下を使わなきゃいけないので……また、買わないといけないなあ。手帖に書いてあるいままでのダメだしを見返したりして、次の本番に役立てる。結局、頭だけでは限界があるねえ。自分は本能でお芝居できないから、向いてないんだろうけど……。では、ま...

ON AIR#3554 “quartetto”

『逃げるは恥だが役に立つ』を連ドラ予約していて、それを解除するのを忘れていたら、『カルテット』も録画されてて、そのまま消すのもなんかもったいなくてなんとなく視始めたら、『逃げ恥』よりもハマっている……。科白の使い方、ふとした一瞬の俳優の演技。大先輩から学ぶことが多いです。(満島ひかりさんが同い年とかってビビります……)きっとこういうお話が好きなんだろうなあ。演劇畑、というか。このドラマには、あらゆる方...

ON AIR#3553 “THE PROGRAM(2015)”

【疑惑のチャンピオン】スポーツ史を語るうえで、ランス・アームストロングというひとほど、人間として面白いひとはいない。人間の“悪”の部分って、ほんとうに恐ろしいけれど、本人がそれほどまでに悪者だったかと、観たあとも自問してしまうよね。あの涙は、真実だったっと信じたい。では、また。...

ON AIR#3552 “Wooolalala”

『河童の笛』の稽古。久々なので、すごい緊張感。だれないようにやらないとな……。何度も言っているけど、慣れというのが一番の敵。人の裏というものがわからない。何が真実なのかも。自分にも、きっと裏がある。裏も表も、信じぬくことができるだろうか。では、また。...

ON AIR#3551 “TRUMBO(2015)”

凄く面白かった。あの映画もこの映画も……。このひとが映画界に与えた影響って計り知れない。当時のアメリカと、そうそう変わらない時代が、もしかしたら来ちゃうかもしれないんだよな。大衆っていうのは、ときに本当に怖いからね。誰かひとりが間違いに気づいても、多数決の中で殺されてしまう。この映画で描かれていた時代って、アメリカ映画史のなかで切っては切れないところなんですけど、そういう時代のことを、映像で改めて知...

ON AIR#3550 “All Sports”

WBCの開会とプロ野球の開幕が待ち遠しいですよね。自分はなんだかんだで一番野球が好きなもので、早くあったかい季節になって、キャンプ情報からいちいちチェックしたいのです。まあ、どんなにそう願っても、いきなり未来にいけるわけじゃないので、いろんなスポーツを視るようにはしています。全豪オープンテニスが国営放送で見られる時代が来るとはね。錦織クン様様ですよ。大相撲と中継かぶったりして、そういうときは焦ります...

ON AIR#3549 “Just Feel It.”

録画してあった、ウィーン・フィル・ニューイヤーコンサートを視た。今年も美しい音楽を拝聴できた。指揮者は史上最年少だったようで。35歳。すっごいよね。指揮者なら誰にとっても憧れの舞台でしょう。来年は逆に、超大御所が出るって聞いたけど、それも楽しみではありますね。名前調べてないっていう適当さには目をつぶってください。それにしても、恒例のラデツキー行進曲で、観客全員が指揮に合わせて拍手で参加する場面がある...

ON AIR#3548 “Koe...”

きょうは沖縄県、八重瀬町にて公演。沖縄の体育館は幕がなかったりするんですけど、ここはすごくきれいでしてね、暗転もすごく利くところでしたね。新しい体育館って、とっても好きですよ。古いからダメってわけじゃないですけど、きれいなところで授業ができる子供たちが、ちと羨ましいですね。BLUE SEALでクレープ食いました。学生はもちろん、おじさんひとりでも気楽に入れる感じがとてもいいですね。東京だと、なんかこう、男...

ON AIR#3547 “Documentary Film for Me”

この日は、沖縄県那覇市で公演。ヤクシャとしての気配りというのを考えてます。自分って、他人に映されて生きているからね。どんな役も、一緒に演じるひと、あってこそ。まあ、一人芝居もあるけど、それだって、架空の誰かを相手して生きてるはずだから。国際通りって、いつだったか、NHKの『ドキュメント72時間』でも舞台になってたな。この番組に出てくる一般のひとたち、そのどれもが、名もなき小さなひとたちだけれど、みんな...

ON AIR#3546 “BORN in JAPAN”

きょうは、沖縄県は金武町で公演。金武は、「きん」と読みます。準備の大切さ、だよな。芝居に大切なことは、スポーツからもけっこうもらえたりするんです。こないだ見ていたスポーツ番組で、リード(離塁)の特集をやっていたんだけどさ、山田哲人は、盗塁前のリードがとても早い。準備を早くすることでピッチャーのモーションを盗むための情報をたくさん仕入れることができるんだって。それと同じで、舞台を設営するのも、衣装を...

ON AIR#3545 “Black History”

巡回公演、三学期の公演が始まりました。本日は沖縄県宜野湾市にて。今回は、『花咲き山』と『河童の笛』が同時並行ということで、ステージ数は数えないことにします。午前中にツーステージやるっていうのは、毎度大変です。時間との闘いですんで。【風強い! 小雨も降ったりするし!】沖縄は、南にあって温かいだけじゃなくて、かなり西にあるぶん、日が昇るのがほんとに遅い。仕込み始めるときには、まだ真っ暗っす。では、また...

ON AIR#3544 “The Mile”

新年会ライブ二日目は出られず。沖縄に参りました。奇跡の1マイル、国際通り。私は沖縄のことを、まだ何も知らない。日本人として知りたいこと、まだまだたくさんある。巡業に出なければ、無知のままだった。ぜんぶ、自分の役に活かそうと思ってます。どんな場所にいようと。勉強、勉強。では、また。ガッキーは沖縄出身でしたね。杏沙子さん、けっこう前から注目してるんですけど、早く売れてもらえませんでしょか。...

ON AIR#3543 “LIVE in Hachimanyama”

新年会ライブ、ありがとうございました。ありがたいことに、多くのお客様が劇場につめかけてくれて。なんかよくわからないままに、照明セットして、ピンスポやったり、ダンスしたり、朗読劇やったり。『大宮駅の奇跡』というお話を上演させていただきました。改めて読み返すと、粗だらけで恐縮ですが、いずれまた、面白い何かができればうれしいです。そして、ひとりじゃ何も作れないってことを強く思いました。すごく勉強になった...

ON AIR#3542 “THE GRADUATE(1967)”

今年の土曜日はね、どんなに忙しくても、一本くらいは映画を観ようかなと思ってるんだよね。んで、前に観た映画なんだけど、映画『卒業』を観たらすっごく感動してね。圧倒されちゃったよ、もう、すべてにおいて。もう50年前の映画にもかかわらず、輝きに満ちていたなあ。ダスティン・ホフマン、このとき30歳。当時自分と同い年の俳優が、こんな凄い映画に出ていたということ。嫉妬だとか羨望だとかも超えた感動がそこにあったなあ...

ON AIR#3541 “WASEDA NAZEDA”

とはいえ、公園で練習したりすと、それなりのデメリットもあるもんで。この時期に外で声をしっかり出したりなんかすると、喉痛めるよね、確実に。おかじゅん(岡田純弥)が、いきなり喉の調子悪くしてね。すいませんでした。乾燥しきって汚れた東京の空気、なめちゃあかんぜ。【七里御浜より】そういえば、あまりに寒かったので、たにやんとおかじゅんと早稲田の某キャンパスの学食に入ったんですけどね、学生が真剣な顔して、吹き...

ON AIR#3540 “Music Park”

ライブでやった朗読劇は、公園で打ち合わせとか、稽古してました。最初はカラオケだったんだけど、なんか集中できないし、歌ってしまうし、金かかるし、時間制限はあるし。その点、公園は自由だからね。都内はでっかいのが多いから、人の目さえ気にしなければ大きな声もそれなりに出せる。いかにもで、貧乏くさい、と思う方もいるかもしれないけれど、それがまたいいのよ。狭いスタジオや、会議室、カラオケなんかでやるよりも、な...

ON AIR#3539 “First Omikuji”

おみくじを買ったら、大吉でした。今年は何かいいことがあるような気がしちゃうね。私の住む町もいろいろと変化がある。自分も変わらなければね。住んでいた町もどんどん変わる。静かな町だったんだなあ、いま来るとそう感じるよね。いろんな場所に行って、ここがすべてではないと思った。想いを拡げるのはきりがない。でも、きりがないからこそ、生きるのは楽しいものね。では、また。2018年でパスポート切れるなあ。また海外行き...

ON AIR#3538 “INABA/K”

B'zの稲葉浩志さんと、テニスプレイヤーの錦織圭さんの対談を視たのだけど、いいねえ。稲葉さんが格闘技だけじゃなく、テニスまでこんなにお詳しいとは……。どうしてもWOWOWを視られないので、四大大会だとウィンブルドンくらいしか観られないんで、そこはうらやましいなあ。スポーツはだいたい好きだけど、テニスの究極の個人競技感はすごいよね。前に視た立川談春さんとの対談のときも思ったことだけど、稲葉さんはほんとうに「訊...

ON AIR#3537 “at such night”

スポーツに音楽にお笑いに。正月は知らないものに触れることが多い。新春TV放談とか、めちゃくちゃ面白かったものな。いま、テレビ界で何が起こっているのかとか、すべてわかりやすかった。姪や、親戚にこうして会えたりする幸せ。平凡でも、それがいい。一年のうちの素晴らしい平穏は正月にあってほしいものだ。どんな時期にだって、世界では、つらい事件だったりが多くて、THE YELLOW MONKEYの『JAM』のように、私は何を思えばい...