ON AIR#3259 “Your FriendShip”

『アオイの花』の蒼組の初日が無事終り、軽く初日打ち上げに参加してきた。二日落ちという言葉があるけれど、油断しないよう、明日以降も気張っていきたい。この作品に対する思いのたけを打ち明けるには、Twitterよりはこうやってここで書くしかないんだよなあ。(ネタバレになるので多くを話せないのがもどかしいです)もうすっかり長年の友になったSoundCloudの山本くんも、仕事で忙しいなか、遅れてでも観にきてくれた。ほんと...

ON AIR#3258 “Take It Off”

舞台『アオイの花』が無事、初日を迎えた。細かいミスはあったけど、大きなポカはやらかさなかったので、なんとか。明日はついに蒼組である。ファンの方、昔からの友達、みんな来てくださる。大学の同級生で映画監督になったひとも来る。賛否両論なんて当たり前で、いちばん辛いことは、興味を持たれなかったり、忘れ去られるということだ。怖さもあるけれど、立ち向かっていこうと思う。では、また。役という着ぐるみを脱ぐ、家で...

ON AIR#3257 “AOI, AOI.”

あしたから舞台の幕が開きます!みなさん、ぜひ来ていただきたいです。足りない、足りない、と思いながらも、そのときできる準備はしてきました。開演までの時間、無駄にせず、開演前の一秒前まで考え続けよう。では、また。短くてすいません!...

ON AIR#3256 “Yattarokai”

『アオイの花』の残席、土日はけっこう少なくなってきました。より多くの方に観ていただきたいなあ。というわけでこの日は劇場に入って、セッティング。気持ちが高まってきた!では、また。【外村海のやったろかい!】もうすぐ三月が終ってしまうなあ。震災から五年。時が経とうがなんだろうが、哀しみは、癒えることはあっても、消えないんだよな。これからも、できることから。私には、芝居がある。...

ON AIR#3255 “Clear Man”

ダークサイドに堕ちそうなところで保っている感じ。感情を知ろうと思えば思うほど、わからなくなってくる。難しいのか何なのか。でも、わかりたくない、で終わらせては、お客さまに失礼だと思うし。とにかく、へらへらと笑って公演を終えるなんてことはしたくないんで、反省するところは反省して、家でもちゃんと稽古して、明日以降を迎えられたらな。考えて考えて。観終わったあと、この記事の理由が解るかもしれませんよ。では、...

ON AIR#3254 “He is an Idol.”

この日は、『アオイの花』の稽古に後輩の穂満と城間が見学に来た。ふたりとも目が赤くなってたな~。ほかにもある大先輩がいらっしゃってたけど、ほんとうに嬉しかったな~。私の×を、褒めてくれた。なんか、こうして気にとめてくれる素晴しい先輩が近くにいて、ほんとうに嬉しい。昨年の舞台のときに、何度も何度も私にアドバイスやダメだしをくださって。素直じゃない、頑固な私に、ずっと教えてくれた。感謝しかなくて。『母の...

ON AIR#3253 “Members!”

ベタ稽古に入るとよくあるのが、曜日感覚がまったくわかんなくなることですね。プロ野球開幕日は金曜! とわかっていたので、今回は大丈夫でしたけど。初戦に快勝できてよかった!今年も、コボスタに行きたい! なんてったって、天然芝になって、観覧車もできたし。ずっと天然芝にしたいって言ってて、いろんな理由からできなかったけれど、ついに決断したこと、悪評高いオーナーだけど、今回は感謝するべきでしょうね。稽古で疲...

ON AIR#3252 “No Weathering”

遠い国でテロが起きたかと思えば、東京では20歳の男が飲酒運転でタクシーにぶつかって、悲しく苦しい出来事が多いのよね。ひとの興味なんてそれぞれでかまわないと思うけど、もうちょっと、ちゃんとしたことに関心を持っていかないと、生きる指針みたいなものを失ったまま、人生を過ごすことになりそうだ。不倫ばかり報道するな、とかいうひともいるけど、それは報道側の問題というより、私たちの関心の問題で、社会的な事柄から目...

ON AIR#3251 “Showtime Showtime”

ある現場で、ある芸能人の方のお手伝いを。楽しかったなあ。使っていただけることを、心から嬉しく思いました。そしてこの日も、『アオイの花』。紅組。どきどき。ああ、このラストのために、我々は全力で演らなきゃいけないのだ。では、また。...

ON AIR#3250 “RedWing”

『アオイの花』の稽古場へ!きのうから、ベタ稽古が始まってる!足りないことが多すぎる。しかもきょうの稽古は紅組中心だったんで、まだまだこれからなんです。では、また。【赤羽と】負けないぞ~。...

ON AIR#3249 “Konishi”

江戸村最終日。後輩の小西くんが人一倍がんばっていて、心強かった。やっぱりアクションできると強いよねー。がんばれ、小西!すごいぞ、小西!三日間お世話になりました。またいつか。【着物着たかった……】小西写ってなかった……。ジャッキー・チェンの出演映画は全部見ているらしい。...

ON AIR#3248 “Hay Fever”

何事にも一所懸命になれるひとは強いんだよね。不器用でも下手でも一所懸命に。とにかく、一所懸命に。これはしっかりやって、これはなあなあで、っていう仕事をしていたら、何より自分のために、ならないような気がして。やる以上はしっかりやる。あとになって、それを振り返ればいいのだ。やらないとね。では、また。【花粉症デビュー?】...

ON AIR#3247 “Human Homan”

三連休初日。江戸村のひとたちと再会できてよかったー!何度か働かせてもらって思う。テーマパークで働くというプロ意識、もちろん芸能としての意識、それ以上に、人柄が秀でてる。礼を尽くして生きているひとたちばかりです。こういうことは、江戸村に来なければ学べなかった。【Homan】...

ON AIR#3246 “Furu”

江戸村入り。前乗り(業界用語?)日ですね。では、また。後輩、古川。もう、俺、着付け覚えてないけど、彼が入ったときには、俺が教えたんだよなあ。いまや、両国座のキャストだもんなあ。...

ON AIR#3245 “commonplace”

この日は、江戸村行きの準備。サブリーダー、後輩の穂満と一緒に頑張ってきます。最近気づいたンですが、穂満語録はなかなか面白いです。毎日、悲しいニュースばかりで麻痺しがちですが、自分が生きていることが不思議で仕方ない。姪の動画などを視ていると、なんだか切なくなる。誰かのために生きてみたいものだ。自分は自分のためにしか、生きられていないから。では、また。『アオイの花』、もうすぐ本番だな。【髪の毛切りたい...

ON AIR#3244 “I to U”

急きょではあるのですが、18日から江戸村で働くことになりました。【同心】書こうと思っていた記事がアップロード直前にして全部消えてしまった悲しみをどうしてくれよう。そういうところあるんだよね、このfc2。腐れ縁だけど、やっぱ大嫌いだよ。なんで今日は限界です。控えめに。帰ってくる頃には集中稽古が始まってますが、まあなんとなるでしょう。久しぶりに会える仲間や先輩もいると思うので、それが楽しみではあります。で...

ON AIR#3243 “The last message”

花粉がひどい。いままでは秋だけだったが、ついに私も春の花粉症に苛まれるようになってしまったのか。この日はボクササイズのあと、都内某所で後輩の藍田とチラシをいろんなお店に置いてもらってきた。地道な宣伝活動だけど、こういうことが大事。お店ひとつとっても、私たちに対する態度はさまざまだ。そういう意味でも、すごく勉強にもなった。露骨に嫌な顔をするひともいたけれど、それはそのひとたちが悪い人だからというわけ...

ON AIR#3242 “The Last Letter To You”

30歳の誕生日を、迎えることができました。雨男の私、この日もあいにくの強い雨でして、ほとんど誕生日らしいことはしませんでした。病院に行って、いつもと違う銭湯でぬくぬくとしていました。こういう日ほど、思う通りに、いかないものなんですね。ほんとうに残念な一日になってしまいました。たくさんのお祝いのメールありがとうございました。よく、男は30から、という言葉を耳にしますが、私は、いつでも、いまからなんだと思...

ON AIR#3241 “KA!”

まあ、みんなそれぞれ悩んでいるわけです。三月は別れの季節。そんな気持ちですね。この日の『アオイの花』の稽古では、新しい挑戦を……。共演者の石田くんと、なんとか頑張ってみます。裏チームの松浦くんは、簡単にやりそうだからなあ。おかげでずーっと首が痛いのです。さあ、どんな挑戦になるのか、楽しみにしていてください。なんかきょうまで芝居を続けられていることにも、素直に感謝しないといけないよな。テレビで震災関連...

ON AIR#3240 “St. Vincent(2014)”

民話芸術座さんの打ち上げに参加。楽しかったなあ。道脇さんの歌がまず面白かった。画像でも十分面白さが伝わる。アップしないけど……。いろんなことを考える平成27年度だった。マネージャーさんとも話したけど、来期はほんとうにどうなるか、わかんない。まあ、でもうじうじと考えてられるのは、いまだけだ。受け売りだけど、現実は、事実だからね。どれだけ現実が理不尽に思えても、それにはちゃんとそうなる理由があるんだってこ...

ON AIR#3239 “The sixth year”

自分が三月生まれだからなのか、それともいまやっている公演の稽古の内容のせいなのか。今月は命のことをずっと考えている。東日本大震災から五年が経った。くしくも五年が経ったこの日は、あの日と同じ金曜日だった。この出来事について何を語ろうとしても、陳腐な表現になってしまいそうな気がして、私は、あまり書かないでおこうと思う。思ったことを書くことよりも、必要なのは行動のはずだろうし。だからこそ、いろんな方が、...

ON AIR#3238 “Study is to be patient of contradiction.”

「修業とは、矛盾に耐えることである」と、先日話した、立川談春さんの『赤めだか』という本には書かれてあった。むちゃくちゃな言われようでも、むちゃな要求でも、理不尽なことにも耐え抜いたひとだから、談春さんの言葉には重みがある。チケットが取れないということでかなり有名な方だが、一度独演会に行ってみたい。落語には詳しくないけれど、いまの時代は便利なもので、いろんな動画が出回っているからね。恥ずかしながら『...

ON AIR#3237 “Road To SAITAMANIA”

埼玉県は川越市と深谷市にて公演。どちらもハードなスケジュール下ではあったけど、どでかいミスもなく思いっきり楽しんでやれた。はき違えがちだけど、楽しんでやっているのと、ナメてやっているのとは違うよね……。義務、責任、それもぜんぶひっくるめて楽しむことを、もっと学んでいかないといつか壊れてしまいそうだなあ。年が明けてから、演じ方を意識的に、変えていることがある。いままでやろうとしてできてなかったことを、...

ON AIR#3236 “The dream has not come true.”

埼玉県は熊谷市で公演。気温がかなり上がっていて、体育館の外は暑いくらいでした。関東圏で公演することが多いのだけど、この時期、三年生を送る会とかを見ていると、毎回、いろいろと考えさせられる。小・中・高・大。卒業時で覚えていることなんて、おぼろげなものである。ぜんぶ大した別れじゃないと、思っていたものね。ことの大きさに気づくのは、ずっと、ずっとあとだ。でも、そのぶんだけ、もっと大きな出逢いが、これから...

ON AIR#3235 “DAIICHI”

民話芸術座さんの三学期巡業の稽古に行く。上辻がいた。悩みのなさそうな顔をしているが、これでもけっこう悩んでいるようだ。ってか、悩んでないひとなんてそんなにいない。私だって、上辻の年齢のときには、将来のことで悩んでいたし、30歳の誕生日が間近に迫っているいまだって、それなりに悩んでいる。重いものから軽いものまで……それは多岐に渡るのだ。大学の友人たちのLINEのグループができたかと思えば、今度は高校時代のク...

ON AIR#3234 “behind the supporter”

舞台『へなちょこヴィーナス』、本日無事終演。穂満と城間がきらきらしていたよね。自分もがんばらないといけない。出演していない私に、わざわざ声をかけてくださったお客様、ほんとうにありがとうございます。『アオイの花』、全力でやらせていただきますからね。演劇の力みたいなものを感じる一日になりました。今日観た吉本新喜劇 佐藤太一郎企画『未来の今日』も、めちゃくちゃ笑わされたんだけど、私の後ろに座っていた女性...

ON AIR#3233 “dress up myself”

どうも気になることがあって、この日は病院に行っていた。土日の病院はがらんとしていて、しかも私の行ったところはそれなりに大きいとろだったので、まるで図書館かというくらいに、落ち着いてしまう。私のほかに、パジャマの老人と、その息子と娘らしき二人が待合の廊下に座っていて、息子と娘は心底面倒そうに会計の段取りを組んでいた。その間、父親はへらへらと笑い、たばこを吸いに外に出てしまっている。父親は、どうも昔か...

ON AIR#3232 “One-Dollar Actor”

とんでもないポカをやらかしたりして、落ち込んでいます。一生懸命準備して、何事も早め早めにと先回りして進めていたのに、たったひとつのミスですべてがおじゃんになることがある。へこたれて帰ってきたら、世界卓球もなでしこも終っちゃってて残念。稲葉浩志の武道館、今年も行けないし。まあ、いろいろと残念なんです。あしたから、中目黒はキンケロ・シアターで若手公演の『へなちょこヴィーナス』が始まります。後輩の穂満が...

ON AIR#3231 “Red Killifish”

あした、ちょっと栃木まで行ってきます。とある時代劇の撮影のようです。泊まりになるかはわからないので、一応寝泊りできる程度のものはリュックに入れて……。寒いンだろうなあ。ほんとうに自分は不勉強でして、時代劇に関する知識というのはないに等しかった。高校生のとき日本史専攻だったくせに、少しも勉強してなかったからね。江戸村で働いていたときはわからないことだらけでした。少しずつ興味を持ちはじめ、TSUTAYAなんか...

ON AIR#3230 “thin film”

きょうくらいしか観に行く機会がなかったので、森川圭監督の作品『オトナの恋愛事情』を観にユーロスペースまで。今年早くも二度目のユーロスペース。ようやくユーロスペースの行き方を覚えた。いくたびに忘れて迷うんだよね。私、田嶋高志もちょこっとだけ出演させていただきました。どのような役かは観てのお楽しみです。といっても今週金曜日まで、しかもレイトショー(21:10)しかありませんが、気になった方は是非ご覧くださ...