ON AIR#3156 “Blue Knife”

『問題のない私たち』が無事、終演しまして。もともと若い子が多い舞台なもんで、そういう意味ではパワーがある。それでなくても、学生が主体の作品というのには、昔から心揺さぶる、いいのが多い。自分の場合、もう、年齢的に学生の役は、よほどのことがない限りできないってことが残念だな。でも大人にならなければ、大人の役はできないわけで、結局、いまできる役は、いましかできない役なのだ。悩んでも苦しんでも、真剣に取り...

ON AIR#3155 “Supporting Role......”

今日は涼しいっすね。昨日、一昨日と、くそまじめなこと書いてたんで、今回はわりとどーでもいいこと書きます。この一週間で、なぜか、日本を代表するバイ・プレーヤーを2人も目撃してしまいました。どこで目撃したのか、その俳優さんの名前は、ブログで書きはしませんけど。いつもドラマや映画で拝見してるンで、どうしても中間管理職っぽいスーツ男とか、さえない工場職員だったり、そんなイメージが先行していて……。でも実際に...

ON AIR#3154 “We have no problem.”

所属事務所の公演、『問題のない私たち』という舞台が新宿のシアターサンモールでやっている。「死ぬ勇気があるくらいなら、歯向かっていけばいいのに……そう思っていた。私がいじめに遭うまでは」という名科白は、自分が初演で出演していたときからくっきり心に焼きつく言葉だ。今日もニュースで、高一の子が焼身自殺をしたのだという。原因などは詳しく報道されてはいなかったけれど、亡くなった子供の気持ちは、どんなだったのだ...

ON AIR#3153 “The garland would be brilliant for you.”

全国高校野球が始まった。ワンプレー、ワンプレー、必死に、その一瞬に、全身全霊をかけている球児たちの背中にはいつも心を打たれる。まるで、彼の人生が、その一日、いや、その数時間しかないかのような。彼らに明日はない。あるのは、目の前の相手と、そして、共に闘ってきた仲間たちだ。そんなことを考えてしまうのは、すでに大人になってしまった私たちの身勝手なのかもしれないが、あの灼熱地獄の甲子園にあるのは、きっと高...

ON AIR#3152 “oh, lonely”

マイノリティが目立とうと思ったら、それ相応の努力しなくちゃダメだなー、と。どれだけリアリティを持たせた演技をしないと、注目されないよなあって。再婚を控えた、思春期の娘を持つ父親を演じることひとつにしても。ふだんどんな仕事をしていて、その職場でどんなことを担当してる女のひとと知り合って、付き合って、どうプロポーズしたのか。そこまでイメージを膨らませられているか。本当の本当は、ネクタイの結び方、いやネ...

ON AIR#3151 “A Thousand Times Good Night(2013)”

『おやすみなさいを言いたくて』いい映画を観ると、すぐいままで観たものを忘れて、「これが今年一番!」と言いたくなるものだが、今回もそんな気持ち。辛い映画なんだけどね、観るべき映画なんじゃないかなって思います。糸井重里さんの「ほぼ日」でも書かれてたけど、いまはカメラマンの時代なんだって。スマホの普及で「カメラ」というツールが溢れかえっているからこそ、本物の「写真」の価値が見直されていく時代だと。思えば...

ON AIR#3150 “Against The Wind/Bob Seger”

ひさしぶりに、ハタチぐらいのときに戻った気持ちです。気持ちがゆらぐような感じ。自分の生き方に、自分の気持ちが邪魔されるってことが、けっこうあって。そういう下手なポリシーみたいなものを、いっそ捨てられたら、楽になるのかな。なにもかも、やめてしまいたい夜に、支えてくれるのは、誰かの笑顔だったりするのです。バカみたいなことばかり書いてないで、では、また。いまの気分は、Bob Seger。Against The Wind/Bob Sege...

ON AIR#3149 “motosuko”

湖畔の映画祭、二日目。朝から湖に入水してはしゃぎ、ついにストレイドッグに入ってから丸六年にして制作部Nさんのメガネとった顔を目撃!個人的には湖畔の映画祭一番の思い出。そんでもって、昼からは寝そべりシアターという公民館での映画鑑賞会に行き、『古本屋SOS!』という映画を観る。実は、諸星敦が出てるんですよ。五年前にうちの事務所にいた、すごい面白い後輩。エキセントリックな自主映画を数本観てから、昨日の音楽ラ...

ON AIR#3148 “Lakeside Film Fes”

湖畔の映画祭に行ってきました。山梨の富士山周辺って、夕方ともなると、ほんとうに涼しくて、これを体験してしまうと、東京周辺の暑さがいかに酷なものかわかる。野外映画祭なので、暗くなるまではほとんどがライブやDJイベントで、そのなかでこれから一気にブレイクしそうなアーティストやパフォーマーなどを堪能できた。暗くなってからは、『百円の恋』の上映の前に、監督の武正晴監督、木下ほうかさん、板尾創路さんらによる、...