Archive

2015年03月 1/2

ON AIR#3115 “Genkidesu”

劇場セットに使っているポスターは、すべて手作り。がんばって作ってます、後輩の野上。では、また。...

  •  0
  •  0

ON AIR#3114 “Kaikan”

劇場入り。劇場非常階段からの桜。では、また。...

  •  0
  •  0

ON AIR#3113 “kaika”

桜がたとえば一年中咲くような花であったら、何の魅力もなかっただろう。いいときも、悪いときも、ある。いいことなんて、一瞬のことだろうけれど、そのために生きるのは悪いことじゃない。一週間お世話になった稽古場を去ります。では、また。...

  •  0
  •  0

ON AIR#3112 “NikiNikiNikki”

映画のポスター作りに励む、宮武、城間、新人の赤羽(あかば)クン。『映像都市(チネチッタ)』は映画館の物語なんでね。いいセットになるといいなあ。では、また。追伸巡業河童班で苦楽とともにした私の後輩、宮武嵩将クンがブログを始めました。文と文の間がやたら広いんですが、読みやすいし、素直な宮武クンの役者生活がわかるかと思います。よかったら、読んであげてください。宮武 嵩将の日記–にきにきにっき–...

  •  0
  •  0

ON AIR#3111 “AtsushiNakamura part2”

不機嫌なナカムラアツシさん。いや、不機嫌なわけではなく、芝居をどうやったら面白くなるかずっと考えてます。若手にいろいろアドバイスしたりと、いままで見せなかったアツシさんの顔。今回のアツシさん、爆笑必至。これで笑わずしていつ笑う?ハードル上げときます。では、また。...

  •  0
  •  0

ON AIR#3110 “Camerasmith”

か、カメラ職人、現る!新人・若林勇太くんっす!私より、一回りも若いよ。応援してあげてね!では、また。...

  •  0
  •  0

ON AIR#3109 “CAFETIME”

森岡さんに、メシを御馳走になった。稽古場の近く、旨い店いっぱいあります。落ち着いた街。大好きな街。行くたび明るい気分になれる、そんな店が好きだ。東京には、味気のない、大量生産されたものが多すぎるけれど、ちゃんと探せばこんな場所が必ずある。では、また。...

  •  0
  •  0

ON AIR#3108 “Fuckin' ODK”

センスがなかろうが、才能がなかろうが、ほかにできることなんてないんだよ。なくなったら、生きる価値がなくなるもの。そういうものに、日々向き合っている。稽古場が自転車で行ける距離になったので、本当にうれしいね。交通費節約だ。私が、いまの劇団に入って最初にやった『悲しき天使』の稽古場が、小田急線沿線だったときはしんどかったなあ。しかも、かなり長いことやってた記憶あるもんな。必死すぎて、いまはもう、どんな...

  •  0
  •  0

ON AIR#3107 “first run”

この日から集中稽古!とにかく、やりきるしかない。稽古場近くのコンビニにて作業中の城間、ヒロカド。予約は下記URLからできます。http://ticket.corich.jp/apply/63114/023/では、また!...

  •  0
  •  0

ON AIR#3106 “ringing in”

眠いのに、なんか眠れない。布団のなかで書いてます。時間があれば、どうしても書きたかったことがあったんだけど、ね。でも、内容は公演と関係ないことで、しかも、怒りたいこと。おまけに、私の言葉にはなんの力もないわけだ。理解者がいないのは、悲しいことだよ。どこかに、私の言葉の鐘が聞こえるひとはいないかな。では、また。...

  •  0
  •  0

ON AIR#3105 “Coverage”

この日も、『映像都市(チネチッタ)』の稽古。前日とは別チームで通し稽古。共演者の増田は今回の作品で映像作りもやっていて、感動的な映像も作ってくれている。こちらも楽しみだ。稽古終了後、都内某所の映画館で、映写室、映画館の事務室を見学させていただいた。いまはフィルムではなく、デジタルでの上映なので、フィルムをいじる瞬間とかは見られなかったのだけれど、映写室という映画館独特の空間を味わうことはできたと思...

  •  0
  •  0

ON AIR#3104 “BOXBOXBOX”

この日も、『映像都市(チネチッタ)』の稽古。通し稽古をすることでわかるものがたくさんある。ダメ出しのボディブローは、後々痛くなるのだ。パンチを幾度食らっても、それでも立ち向かっていかなくては。自信をなくすこともしょっちゅうですけどね。そういう紆余曲折がないと、面白くないって、前向きに。そんな感じで、この日はちょっと短めに。では、また。赤ちゃんはその日その日を生きてますね。そこそこの悩みなど、どうで...

  •  0
  •  0

ON AIR#3103 “Dance and Rock”

『映像都市(チネチッタ)』の稽古。この日でダンスを固める。けっこう責任重大なダンスなものだから、大変だ。私、今回踊るんですよ。しかも、いままでは大勢で踊るようなものしかやってこなかったのに、今回は、たった三人である。しょぼいダンスは見せられない。もっと踊りこまないといけない。踊りは下手っぴなほうだけど、どれだけやっても振りを覚えられなかった新人の頃にくらべると、マシにはなったんじゃないか。一番変っ...

  •  0
  •  0

ON AIR#3102 “Selfish Expectation”

この日は稽古がなかったので、ちょっとだけ舞台以外の話を。今年も、プロ野球のシーズン開幕の時が近づいてきた。私の応援する楽天イーグルスの展望の話は聞き飽きたというひともいると思うので、世間話。球団創設80周年、阪神タイガースのユニフォーム、ここ数年で一番好きかもしれない。ちなみに阪神の今年のサードユニは真っ黄色だそうだ。これがまた(個人的に)めちゃくちゃかっこいい! なぜこれを早くやらなかった!にっく...

  •  0
  •  0

ON AIR#3101 “HiroyukiMichiwaki”

この日も、『映像都市(チネチッタ)』の稽古。なにせ稽古場が毎度遠い。一時間半前に出ておかないと余裕持って稽古場に来れない。民話芸術座さんの大先輩、道脇広行さん。見てください、この人の良さそうな笑顔! 温厚な人柄まんまの演技を見せてくださいます。昨日の記事でも書きましたが、ナカムラアツシさんはこの道脇さんに、惚れこんでいるといったら変な言い方ですが、心から尊敬しているようです。道脇さん本人は「自分な...

  •  0
  •  0

ON AIR#3100 “AtsushiNakamura”

この日も『映像都市(チネチッタ)』の稽古。今回の公演、みんなそれぞれ熱いものをもって臨んでいるのですが、このひとの情熱の入りようは本当にすごいです。芸人・ナカムラアツシさん。飲み会で芝居論を語るその顔は、もはや立派な俳優さんです。軽く書いてますけど、本当にすごいのですよ。いや、私はアツシさんとまだたくさん共演したわけではないし、いままでのアツシさんが熱くなかったわけじゃないのでしょうけど、今回、作...

  •  0
  •  0

ON AIR#3099 “projection”

『映像都市』で共演する吉澤友貴さんのセクシーさに悩殺されたのか、最近、頭がぼーっとする。『映像都市』という映画の現場が舞台の作品なので、知りたいことだらけ。限られた時間のなかでどのくらい作品に触れられるかな。では、また。『映像都市(チネチッタ)』のチケット御予約は、下記URLからできます。http://ticket.corich.jp/apply/63114/023/...

  •  0
  •  0

ON AIR#3098 “29”

『映像都市(チネチッタ)』出演者の有志で、飲み会してたら……。いきなり!ありがとうございました!ごちそうさまでした!メッセージくださった皆さんに心から感謝。20代最後の一年にして、役者10年目突入です。まずは、『映像都市(チネチッタ)』を、いい舞台にするぞ!では、また。...

  •  2
  •  0

ON AIR#3097 “I don't dump.”

民話芸術座さんの三学期お疲れ様でした会にて素敵な出来事が。一日早めに誕生日プレゼントをくださった後輩の森川(ブックカバー)、山田(クッキー)、本当にありがとう。では、また。...

  •  0
  •  0

ON AIR#3096 “grandpa”

寒い!もう春じゃないのか。いまだにヒートテックが手放せない。昨日の震災の番組をいろいろと見ながらぼんやりと、自分の姪のことを思う。変な鼻水も出始めているんで、のこのこと埼玉に行くわけにもいかないので、日々、家族から送られてくる画像や動画だけが支えだ。当たり前だけど、姪は、震災のことなど知らない。従兄弟は、四年前の震災は知っていても、神戸の震災は知らない。当たり前だけど不思議だよなあ、と。いつかは、...

  •  0
  •  0

ON AIR#3095 “The Letters From August”

昨年末の日米野球の最中に、球場の近くの本屋で買った小説、『八月からの手紙』(堂場瞬一 著/講談社文庫)を読んだ。戦後すぐの日本で、野球に夢を見、追いかけた男たちの物語である。詳しくは書けないが、戦後復興のために日本の実業家たちが、すでにあった職業野球のほかにもうひとつ、野球機構を作ろうとした。そのなかで、かつて職業野球で活躍した矢尾という日系アメリカ人投手が、自身の戦争の記憶を辿る。それは、まだ差別...

  •  0
  •  0

ON AIR#3094 “fantasia”

この日も、『映像都市(チネチッタ)』の稽古へ。もう残すところ数回で、ベタ稽古に入ってしまう。なかなか私の出演パートは(巡業やっていた自分も含め)全員が揃わないのだが、もっともっと自主練のあいだに詰めていきたいところだ。道脇さんや、重松さんの演技には、圧倒という言葉を超えて、ただただ見入るしかない。役に成りきって、役に入り込んで、自意識を捨てて、そのひとを生きるという難しい作業を、いとも簡単にやって...

  •  0
  •  0

ON AIR#3093 “Beautiful Eyes”

江戸村から帰ってきて、11時くらいに寝て、翌朝3時に起きて、千葉県で『河童の笛』、26年度の最後の公演を終えてきた。2012年から河童役と向き合ってきて、数えきれぬほどステージに上がってきたけれど、これだけやっても次から次へ課題は見つかる。ああすればよかった、こうすればよかった、と反省点は公演毎にある。昨年の二学期はためしに数えてみたりしたけれど、もう公演数なんていちいち数えようとも思わない。こういういい...

  •  0
  •  0

ON AIR#3092 “goo you”

宿は近くの旅館だった。同部屋のひとと中学生レベルのアホな話で盛り上がってしまった。【同じ部屋だった増田具佑さんと】面白い方です。共演したかった方です。ついに『映像都市』で一緒です。では、また。...

  •  0
  •  0

ON AIR#3091 “Always Cold”

急きょ、江戸村で撮影することになり、夜の8時に出発するはずが、いろいろあって9時出発。栃木についたころには12時になろうとしていて。翌日には朝5時から撮影というハードな感じ。そしてやっぱり、日光は寒い。舞台『映像都市(チネチッタ)』も、そうですけど、また新しい挑戦ができそうで、楽しみです。日々、立ち向かっていかなければいけないことはある。では、また。...

  •  0
  •  0

ON AIR#3090 “livin' ”

埼玉での河童の笛公演を終え、帰京し、映像都市の稽古へ。河童の笛も、残すは一公演。どれだけやっても、また次の課題。映像都市も、あと約、半月。自分の想うような、演技がなかなかできないよ。ひとりじゃ、芝居はできないのだ。温かい仲間、信頼関係、そういうものを、出せたらいいんだけども。才能も名誉も要らないから、そこに生きて映画に幸福を感じていたい。役を生きます。【共演者の河合亜由子】...

  •  0
  •  0

ON AIR#3089 “sakisaku”

『映像都市(チネチッタ)』の共演者、松坂彩妃ちゃん。まだ中学生。物語のシーンで直接からむことはないんだけどね。あ、でもちょっとある?出るのはお互い違うシーンでも、稽古場で顔を合わせ、互いの見せ場を肌で感じ、意見を言い合う。舞台づくりの良さ、だよね。では、また。...

  •  0
  •  0

ON AIR#3038 “have to go”

兵庫の公演を終え、帰京。まだまだ本当のプロには遠いと感じる日々。あれよあれよと、舞台『映像都市(チネチッタ)』まで、一ヶ月を切っている。年度の変わり目、師走同様、世の社会人がハチャメチャにバタバタしてる時期に公演を打つわけですが、新しい日々に踏み出す誰かにとっても、きっと力になるような公演になるはずです。ゴールデンウィークの、その前に、映像都市に足を踏み入れてはいかがでしょうか。予約は下記URLから。h...

  •  0
  •  0

ON AIR#3037 “never ending”

栃木の公演を終え、兵庫まで。面白い映画や、心を揺さぶる小説などを読んでいる最中は、それがいつか終ることに寂しさを覚える。それは、日常の出来事や、仕事においても同じなのかなと思う。やりがいのある仕事をしているときは、「これがいつまでも続けばいいのに!!」って思ったりするもんね。世の中がそういう仕事ばかりなら、そしてすべてのひとがそういう仕事につける理想郷になれば、人生なんて厄介なもんじゃないはずなん...

  •  0
  •  0

ON AIR#3036 “sing.”

愛知で公演を終え、帰京。行ったり来たりだ。移動中、たまに音楽を聴くけれど、昨年はずっと洋楽ばかり聴いていたような感じがあって、ところが最近は日本語の歌を聴くことが増えている。日本語の歌に安心感を覚えるのか知らないけれど、歌い手の歌いたいことがちゃんとわかる、しっくり来るのがいいんだよな。カラオケで、歌うのはやっぱり邦楽だもんね。日本語だから、歌いやすいんじゃなく、日常から離れて、たまのガス抜きに発...

  •  0
  •  0