ON AIR#2943 “Gijin”

舞台『純平、考え直せ』、三日間、ありがとうございました。私もまた、ストレイドッグの公演に出たくなりました。志高く。【共演したいひとナンバーワン】マーシーこと和田雅成さん、いつもありがとうございます。一度も共演してないのに、何故かやたらと話してしまいます。仕事への向き合いかた、見習いたいものがあります。マーシーさんの舞台見に行けないのが本当に残念。誰かレポートお願いします。では、また。...

ON AIR#2942 “How to Live”

この日も紀伊國屋ホールへ。毎日毎公演、観に来てくださるファンの皆様には頭が下がる。そして、1回しか見られない方々も、本当にありがとうございます。本来、舞台って一度きり、終わったら消滅する空間だと思う。どうも、そこら辺を履き違えるひとは多いようで。たった1回の出来事に、すべてを燃やす。そこに、つぎ頑張ればいいやは存在しない。スポーツみたいにはいかない厳しさがある。【同年入所組】なんだかんだで、住吉さ...

ON AIR#2941 “imamiwa”

この日から、舞台、『純平、考え直せ』の本番だった。たった3日間ではあるが、エネルギッシュな舞台だったと思う。私も、出てないと思ってたら、本公演出てた。『ぼくんち』と、『女の子ものがたり』の初演にね。なかなか、本公演に出る機会がなく、冬の日光江戸村で、「本公演出たいなあ~出たいなあ~」としきりに言っていたら、いまがわさんに、「田嶋サンの役者としての目標はそこじゃないでしょ」と言われたのをいまでも覚え...

ON AIR#2940 “miyashuuu”

64公演目。神奈川県で公演。いい天気。みなとみらいの先に富士山が見えた。一昨日は静岡県だったけど、ひどい天気だったからね。デニーズで飯。コーヒーにミルクを入れるとき、静かにそぉっと入れる。心が乱れていなければ、きれいにコーヒーの上を膜のように張ってくれる。【後輩宮武も挑戦】コーヒー大嫌いな宮武くんだが、意外に上手くできた。なんと今週は今日でおしまい。早いね。では、また。...

ON AIR#2939 “miyashuu”

62、63公演目。千葉県にてツーステージ。【宮武嵩将写真集】なんか、ストレイドッグ入って最初の公演が、悲しき天使だと、根性が鍛えられる。とにかく大変だった。あれだけ大変で、よく続けようと決心したもんだ。宮武くんも最初の舞台が、悲しき天使。がんばれ!では、また。...

ON AIR#2938 “miyashu”

61公演目。静岡県の、キリスト教系の私立小学校にて。反応が変わるかわからなかったけど、みんな普通に見てくださった。【宮武嵩将写真集】「田嶋さんがストレイドッグ入って初めてやった役を今度やります!」とのこと。悲しき天使。お楽しみに。では、また。...

ON AIR#2937 “Jersey Boys(2014)”

どうも昔から、某映画雑誌における映画批評家、評論家の盲目的なイーストウッド信仰が好きではない。イーストウッドというだけで☆を無限につけようかという狂信ぶりである。なぜそこまで?誰の監督作品にも傑作もあれば、そうでもない映画が必ずあるはずだ。私自身、批評家たちがこぞって最高傑作と評する『グラン・トリノ』は苦手だ。もちろん、書いてる人たちはリアルタイムでイーストウッドの映画を若いころから見てきた御仁た...

ON AIR#2936 “The Greatest Foreigner”

松坂大輔選手が、MLBのメッツから福岡ソフトバンクホークスに移籍するらしい。岡島秀樹を戦力外で放出しての、松坂大輔獲得にはびっくりしたが、ホークスも、考えあっての補強なのだろう。メジャー出戻りというプロ野球選手は何かと批判されがちだ。「プライドはないのか」だの、「メジャーリーガーらしくメジャーで散れ」だの、どこか向こうで失敗して仕方なく帰ってきた、という見方でしか捉えてもらえない。もちろん、「仕方な...

ON AIR#2935 “Interstellar(2014)”

まず最初に流れてくる老婆の証言VTRのようなものが何なのか、さっぱりわからない。それは、この地球に起こった恐るべき“事態”を吶吶と語るものなのだが、いまの時点では160分後に起こる世界をまったく想像もできない。だがそれがやがて、退廃したアメリカの広大な大地を大写しにし、そこで慎ましやかに生きるクーパー(マシュー・マコノヒー)を見つめる。予告編を何度か見たようなひとなら、別の映画でも観ているような感覚に陥る...

ON AIR#2934 “Your SuitCase”

60公演目。千葉県は旭市で公演。子供たちが、「面白かった」と口々に言ってくれたことは何よりも励みになる。ただ、細かいミステイクをもっともっと少なくしていかないと、のびしろなんてものはあっという間になくなってしまうだろう。演技に対する、「そうあるべき」をいったんやめて、違ったアプローチにも柔軟に対応していく。自分にも他人にも、わがままになってはいけない、ということだ。そして他人をナメない。ナメてないつ...

ON AIR#2933 “yokoyokohamayokosuka”

59公演目。初めて、神奈川で公演致しました。コンディション含めて、反省点多し。【事務所近くの中華料理店】貪欲に、貪欲に。では、また。...

ON AIR#2932 “ken”

58公演目。静岡で公演。ひさしぶりの中学校だったかな。子役の子がとても素敵だったなあ。【鰹】もっともっと、勉強しておくべきだった。同じ時代を生きたかった。人生の終点がどこにあるのかはわからない。できるならいろんな景色を見て感じて、納得したり、ときには後悔しながら生きていきたい。♪ 鉄道員 - 坂本龍一...

ON AIR#2931 “KEN”

57公演目。三重公演。とにかく怠らないこと。【学校さんから差し入れ】旨かった。ひとは本当に悲しいとき、何もできない。悼む気持ちを、わかってほしいと思う余裕すらなく。私には、あと何ができるのか。何を遺して、死ねるだろうか。では、また。...

ON AIR#2930 “Ken”

56公演目。滋賀で公演して、三重まで。この日はかなり自由時間があったんだけど、津市からはけっこう離れてるし、何をしたかといえば寝て、風呂入って、寝て。我ながら自分という人間のつまらなさを嘆く。休みのために仕事をしていたら、人生のほとんどを無駄にしてることになりはしないか。一日、一日が、一秒、一秒が、もう戻らない、死んでいく時間だ。生きるために、演じなければ。では、また。【ステーキけん!】...

ON AIR#2929 “No H”

移動日でございました。滋賀に泊まりました。では、また。【年甲斐もなく自撮り】...

ON AIR#2928 “Waste Of Time”

誰も興味ないであろうお話。今年の八月に、ケータイをスマートフォンに変更してからというもの、画像の投稿が楽なので、パソコンでブログを書くことが減った。パソコンで記事を書く場合、画像を投稿しようとなると、どうしてもパソコンのメールに送って、保存して、という行程を繰り返すことになる。それに、いまやっている仕事の都合上、移動中や就寝前に宿で書くことが多く、パソコンを開く時間がない、または開けてもネットにつ...

ON AIR#2927 “Ruins”

54、55公演目。この日は徳島県で公演でした。【徳島城址】【阿波おどり会館】【徳島ラーメンが好き過ぎる】帰京。来週は心に余裕を持って、演技に集中できるようにしたいです。幸い、スケジュールもハードではないので。では、また。...

ON AIR#2926 “NO IDEA”

53公演目。昨日と同じく、京都府と奈良県の境目。一歩ずつ、一歩ずつである。クライマックスがコントにならないように、圧倒できる演技を。さて、ここでクイズです。【宮武嵩将21歳】ココスというファミレスでの一枚なのですが、さて彼は、なぜこんな状態なのでしょうか?正解者には……。正解者には……。……。では、また。...

ON AIR#2925 “Reckless Noodle”

52公演目。奈良市内から車を少し走らせれば、京都府の端っこの町にたどりつく。そこは周りが広大な田園に囲まれており、そこからまるで生え出たかのように、ニュータウンよろしく、ひとつの区画に無数の一戸建てが建ち並ぶ、そんなところに、学校もあった。子役も演劇教室もないときほど、準備が大切だ。そして時間もない。一日一日、その公演で達成できたことを見つけていかなきゃいけないのに、余裕もないんじゃ、ね。悲しいほど...

ON AIR#2924 “Korare”

50、51公演目。もっと手際よく、すんなりと、作業は終えたい。そのぶん、役者としての準備が長くなるからだ。ダレず、無駄な時間を極力なくして、本番に臨みたい。富山とはこれで、さよならだ。初めてゆっくり廻ったが、映画的な味わいのある街だった。また、行きたい。【駅前再開発で消えゆく横丁】奈良市に移動した。この日は後輩宮武と同室である。【宮武とベッド】では、また。...

ON AIR#2923 “Before I die...”

49公演目。富山市内で公演。個人のレベルは、まだまだ納得できるものではないけれど、校長先生が、いたく感動してくれて、児童の子が、私たちのために歌まで歌ってくれて。感動した。生きている間に何度。こういった経験ができるだろうか。映画や小説、演劇みたいにとはいかなくとも、確かな希望を、心のどこかに書き留めておかなければ。では、また。【富山駅地下道】...

ON AIR#2922 “Sogawa”

富山市街で休日を迎えた。私は時間を有効に使うことが極度に苦手なので、知らない街で自由に過ごすとなるとけっこう困る。てっとりばやく、気分を味わうには、食うのがいちばんだ。【富山市の喫茶店「小馬」のオムライス】かなり旨い。薄焼き卵にケチャップ、ハムを使ったチキンライス。シンプルなオムライスなのに感動した。【一応老舗らしい】【総曲輪の商店街で買った鱒寿司とたこ焼き】かなり安い。ノンアルコールビールなのが...

ON AIR#2921 “Bin”

48公演目。しっかり準備する、ただそれだけのことがなかなかできないで、後悔する。もっと意識して、気持ちが後手に回らないように。京都での公演を終え、富山に移動した。【すき焼き丼みたいなやつ】【後輩の森川と赤池】座長が「こっちにすればよかった」と見つめている。【近江鶏唐揚げ定食】間違えたと思ったことを受け入れる勇気と寛容さを常に持っていたい。きっと、他人と生き、自分を赦すには、そういう心をしまう入れ物を...

ON AIR#2920 “our fantasy”

休日。大阪を出て、念願の阪急に乗って、神戸三宮まで。神戸に住む親友に会ってきた。写真を撮りまくった。【元町中華街と北京ダックと私】【神戸のマダムたちに交じって豪華スイーツ】【元町商店街にある洒落た映画館】【ファンタジー号から】【空へ】ありがとう、友よ。過去の渦から這い出し、後悔という瓦礫を捨て、現在を信じつづけよう。そして未来に踏み出せ。ありがとう。では、また。...

ON AIR#2919 “Ghost in Kabukicho”

47公演目。昨日広島県から和歌山県に移動し、公演。明日は休み。所属劇団の次回公演の、対談ならびに座談会の原稿を書かせていただいた。今回もかなり充実した一時間。私の原稿には、そのあと、多少の検閲……いやいや推敲を制作部がして、最終的な入稿となるわけだが、文章にしてこの面白さが読者に伝わるのか、毎回ドキドキハラハラワクワク、なのである。もちろん面白さの手柄は、キャストの対談内容にあるのだが、私ならではの語...

ON AIR#2918 “amagiri”

46公演目。広島県福山市で公演。何度も何度もやっても、納得できない。まっすぐに取り組まなくては。おはぎをご馳走になった。こんなに美味しいのはひさしぶりだ。「おはぎ食べてるときの田嶋サン、ほんまジジイみたいですね」逆におはぎを若者みたいに食うにはどうしたらいいでしょうか、宮武さん。では、また。...

ON AIR#2917 “River in Tokushima”

44、45公演目。徳島県にて。四国に流れている川はどれもきれいだ。住んでいるひとは気づかないかもしれないすてきなことが、その場所その場所に、必ずある。写真は撮り損ねたが、大好きな徳島ラーメンも無事食えた。広島へ向かう。では、また。...

ON AIR#2916 “cheddar”

移動日。徳島県へ向かった。SAで、後輩宮武がパンをめぐんでくれた。相変わらず寝つきは悪いが、それでもさっさと布団へもぐる。ベッドイン自体を早くすれば、なんとかなる。では、また。...

ON AIR#2915 “shitman”

43公演目。埼玉は加須市。地元でないとはいえ、やはり出身県で公演ができるのは嬉しいことだ。また、帰ってこれますように。埼玉の子供たちは温かいしね。しかしながら、私は何もしてないのに、河童姿の田嶋に、「うんこマン、またね」と子供に言われたよ。なぜだ。「にじみ出るうんこオーラがあるんですよ」と、後輩森川。どうも、うんこマンです。では、また。...

ON AIR#2914 “antler”

42公演目。十一月に入ってしまった。鹿嶋市で公演。そのとき鹿島スタジアムを見てきたのだが、子供のころ、Jリーグが発足し、当時、鹿島アントラーズのファンだったことを思い出した。あの頃は茨城のチームであることも知らなかったし、なぜ鹿島アントラーズだったのかはいまでは思い出せないのだが、確か選手がみんなかっこよかった。ジーコ、アルシンド、黒崎、相馬、秋田。しかし、私の周りのクラスメートたちは揃いも揃ってヴ...