ON AIR#2822 “maenori”

江戸村にやってきた。明日からがんばろう。では、また。...

ON AIR#2821 “regrets...”

大後悔大失敗。苦手意識ばかりだね。...

ON AIR#2820 “ready”

江戸村に行く最後の準備。お金をすべておろす。会わなきゃいけないひとにも会った。では、また。...

ON AIR#2819 “Superfly”

絶対に買うまい、買うまい、買ってはいけないと決めていたSuperflyのアルバムを、先日ついに買ってしまいました。中古だけど。なぜ、いままで買わなかったか。言うまでもなく、大好きだからである。たぶん、一枚でも買ってしまったら、歯止めが利かなくなるだろう、と……。その通りになってしまった。一週間ですでに二枚目。では、また。ほんとはこんなことを書くつもりではなくて、時事ネタを書こうと思ってたンだけど、楽天イーグ...

ON AIR#2818 “Falling”

そういえば、11月に、『ONCE ダブリンの街角で』というブロードウェイの舞台が六本木にやってくるらしい。そもそもこれは映画が原作になっていて、私もこの映画を見て恋に落ちてしまった。それがまさかブロードウェイミュージカル化されていたなんて、なんたる勉強不足だろうか。(都内にいると、小劇場の舞台に限らず、こうした有名な公演の情報を目にする機会が多いのに、なかなか足を運ぶことがないのは、非常にもったいない)...

ON AIR#2817 “The Same Person”

江戸村に行くので、かつらをしやすくするため、髪の毛を切った。Before.After.羽二重も探さなきゃ……。では、また。♪ 松田聖子 - 夏の扉...

ON AIR#2816 “Godzilla(2014)”

ついにハリウッド版『ゴジラ』が公開となった。劇場で観てきたのだが、平日にも関わらずかなりの客入りで、いかにこの作品が待たれていたのかが解る。公開直後の映画なので、内容について事細かに書かないようにはするが、単なるハリウッド映画ではなく、ちゃんと「怪獣映画」として成り立っていたように思う。ゴジラが出てくるまでの引っ張り方など、かつてのゴジラ映画の名作や、怪獣こそ違えど平成ガメラシリーズのようで、ゴジ...

ON AIR#2815 “HEAT”

それにしても暑い。「暑い」と言うことは、気温を下げる呪文でもなんでもないのに、暑いと言ってしまう。眠れない。眠っても、暑さで、まず起きてしまう。そしてシャワーを浴びる。しかし、気化熱とともに、身体中からやる気というやる気がどんどん抜け出ていっているようで、ますます動く気になれなくなってしまう。家の狭い風呂に入っていてもけっこう気持ちいいのだから、スパなんていったらもっと気持ちいいのだろうね。しかし...

ON AIR#2814 “HIGH”

今年も高校野球の季節ですね。私の母校は意外にも強豪校で、数年前に甲子園に出場したこともあるんだけど、今年はもう少しのとこで敗退。残念ですね。私は県北育ちなんだけど、出場校はだいたい県南なんだよな。さて、私が生きている間に、埼玉県勢の夏の甲子園優勝は見られるのか?(埼玉県大会は高校の数がものすごく多く、勝ち抜くだけでエネルギーを使い果たしてしまうのが主な原因と云われています)いつ思い返しても、いい思...

ON AIR#2813 “ITTEKI”

久しぶりにボクササイズ。ダメだね、やっぱり衰えているね。一番衰えてたのは腹筋。もうすでに悲鳴をあげてる。後輩の宮武や熊坂、だーやまも久々に大汗をかいていた。宮武はこの日大阪に帰るらしい。ふたりで話していたら、傍で見ていた熊坂が、「田嶋と宮武サンってほんと仲良いっすね」え、あ、あの、ちょっと待って。熊坂は言い間違いにすぐ気づき、「あ……す、スンマセン田嶋サン、間違えました! ほんとは『田嶋サンと宮武』...

ON AIR#2812 “Any Day Now(2012)”

東京の部屋を空ける前に、いろいろしようと思ったんだけど、面白いくらいやる気が起きない。堕落してるな、と我ながら思う。もう、ほんとにそれだけです。そう簡単に、毎日書くネタがあるわけじゃないよ。『チョコレートドーナツ』という映画が、とてもよかった。ひとはどう生きるべきか、どう在るべきか、教えてくれる作品だった。(一学期巡回公演が始まる前に公開して欲しかった)差別や偏見に打ち勝つことが容易ではなかった時...

ON AIR#2811 “MIMIC”

前日、載せきれなかった写真とかを。だーやま。ストレイドッグ最後の砦(大迫可菜実命名)山田優花。なぜ最後の砦なのか、あまりよくわからないよ?カラオケ大好き赤池あゆり。ストレイドッグのイケメン新人、大関史也。ストレイドッグには劇団ブログがあるのですが、たまに私よりテキトーな更新をしてる、ある意味、兵。『おけさのひょう六』という公演班の、Aチーム若手隊。右のメガネの男性は、他の事務所の方なんですが、島村...

ON AIR#2810 “The Greatest Show On Earth”

民話芸術座さんの一学期巡回公演、お疲れ様ということで、スタジオで打ち上げが行われた。森川と一枚。「暗ッ! 田嶋サン何やってるんですか。ちゃんと撮ってくださいよ」「ごめん……」後輩の宮武と一枚。「あれ、田嶋サン、江戸村まだ行ってなかったンですか? 行けばよかったのに」「いや、行くの31日だから……ていうか、行って欲しいみたいな言い方やめてよ」後輩の大迫と一枚。「田嶋サン、一学期はどうもありがとうございまし...

ON AIR#2809 “Rooter's Songs”

この日は、日本プロ野球のオールスターゲームが西武ドームで行われていた。毎年オールスターゲームは楽しみで観ているのだが、ここ数年は我ながらすごい熱の入れようだと思っている。やっぱり上京し、自分でプロ野球の試合(主に楽天のビジター戦)を観に行くようになったからだと思うのだが、昔はそんなに公言して応援するほどではなかった。(ラジオの世界では、メールやはがきを出したりすることはなくても毎週聴いている番組の...

ON AIR#2808 “Seesaw Game”

そしてこの日が千秋楽。出発前に、ロビーでスマホをいじる宮武。二年近く、同じ役を演じさせていただいた。昔こそ、「千秋楽だから、いつも以上にいいお芝居をしてやろう」という気持ちがあったが、いまはそういう色気みたいなものも考えなくなった。いや、ヤクシャとしてそういう欲はあってもいいのだろうけど、ゴリゴリに意識をすることはなくなった。稽古してきたことや、いままで本番でやってきたこと以上のものは、その場で意...

ON AIR#2807 “Rock'n Roll is Not Dead, and You.”

巡回公演で体育館で仕事をするとき、まず搬入作業というのがあって、学校内に入ったらまず、当然体育館を探し、搬入口を探すことから始める。もちろん学校によって体育館の形状が違うので、ステージから近いところもあれば遠いところ(たとえばステージと真逆の後ろに入口があるなど)もあり、大道具の入れづらい狭い搬入口もある。上手(かみて)か下手(しもて)であるかどうかもその時々で変る。それで、搬入口を見つけてそこに...

ON AIR#2806 “YATO?”

八戸の公演を終えた。八戸の美味い食べ物を満喫した宮武は、なごり惜しそうである。「いや、ほんとうに八食センターも美味いかったし、宿のご飯もおいしいし。住みたいですわあ」「宮武、おまえ、秋田でもそんなこと言ってなかった? その前は島根でも……」「いやいや田嶋サン、今回はほんまにそう思ってますよ。子供たちもいい子ばかりだったやないですか。いつかまたやとで公演したいですよね」……やと?そんなことがあり、八戸を...

ON AIR#2805 “Hasshoku”

八戸での公演のあと、宮武が行きたくてしょうがなかったという八食センターへ。いくら丼、美味しかった。後輩の宮武のはしゃぎっぷりを写真に収められなかったのが残念。牡蠣を美味しそうに食っていたな。私は食べられないので、眺めていたら、「田嶋サン、牡蠣を食べられないなんて、人生の八割を無駄にしてますよ」と言っていた。言っとくけど、好き嫌いなら俺より宮武のほうは多いからね。では、また。宮武の大好きなアナ雪と、...

ON AIR#2804 “My Experience”

この日は移動日で、朝10時に東京を出発し、青森は八戸まで行った。まあ、自分が運転しているわけじゃなし、移動なんてもう慣れたものである。八戸はとても好きな町で、静かだけど映画館も、横丁や、洒落た喫茶店もある。なんというか、街に色がある感じなのだ。八戸に比べたら私の出身地(埼玉)なんてくすんで見えてしまう。八戸出身の知り合いは「八戸なんて何もないですよ」とケンソンしているが、十分に満ち足りたところだ。身...

ON AIR#2803 “Comes To Become”

昨日、WWEを一緒に観戦した学生時代の友人からメールが届く。「声ガラガラ」確かに昨日、私と同じくらい興奮し、声を張り上げて応援していたけれど、声が枯れるほどだったとは。かくいう私はなんともなく、一応、現役でヤクシャをやっているだけのことはあると思った。彼も学生時代は、歌舞伎をやったり、私と同じ劇団でヤクシャをやったり、私の書いたホンを演出してくれたりした仲なのだが、そのときに出逢った相手と結婚したり...

ON AIR#2802 “I'm Here.”

本当は公演があったこの日。台風で流れたのを最大限に利用した。そう、ここは両国。ちょうど来日していたプロレス団体、WWEの東京公演に来た。台風一過のこのクソ暑いなか、学生時代の友人が昼過ぎから当日券販売を待って先に並んでくれていた。事前情報で前売り券が完売とは知らされていたが、当日券分の席も用意してあったようである。私も本来なら行ける可能性が低かっただけに、ラッキーだった。(そもそも、今回の台風はWWE側...

ON AIR#2801 “NATTO”

銚子公演もこの日が最後。無事終って帰京。本当は、翌日に福島で公演があったはずなのだが、台風を考慮して中止になったようである。座長が途中で、葛西にあるジンギスカン料理のお店に連れてってくださった。銚子公演の打ち上げ(ヒロイン役で登板してくださった塙さんのため)と、この日なんと誕生日を迎えた赤池あゆりのため。ほぼ生で食えるらしい!これは美味しい。札幌で食べたときも美味かったけど、それ以上の感動である。...

ON AIR#2800 “Just A Little Again”

銚子公演も三日目。この銚子公演は、今週ヒロイン役を務めている塙さんの地元で行っている。ご厚意で、この日、河童班は塙さんのご自宅にて夕食をごちそうになった。地元ならではの料理や、自家製の漬物などを堪能した。デザートはあんみつ。「うわあ、コーヒー飲みたいなあ」思わずつぶやいたら、大のコーヒー嫌いの宮武が露骨に厭な顔をする。「田嶋サン、やめてくださいよ。なんでこのタイミングでコーヒーなんですか。あんみつ...

ON AIR#2799 “CLOSET BOY”

銚子、二日目。この日は晴れた。海がきれいだ。宮武、ドラえもんかよ。また、写真には収められなかったが、うまい中華もいただいた。いいこともある。では、また。...

ON AIR#2798 “Just A Little”

この日から千葉県は銚子という、関東地方の地図でいう一番東の、あのとんがった部分にある市で四日間公演を行った。うちの班では珍しく、移動のツーステージが続く週なので、ハードといえばハードである。その初日、公演が無事終り、宿へ向かう途中にあるラーメン屋で食事をした。ラーメン屋なのに、ラーメンを頼まないという暴挙に出る私。隣で先にラーメンを食べていた後輩の宮武は信じられない表情をうかべている。「え、田嶋サ...

ON AIR#2797 “Cold Wintry Wind”

舞台『ゴジラ』の千秋楽。写真で私と一緒に写っているのは、映画ホリックの万年中二病患者の増田くん。愛すべき変態、石田政博。久しぶりに、住吉真理子さんのおばあちゃんを見られたのが嬉しかった。舞台『ゴジラ』はまたいつか出演できたらなと思う。続けていれば、食らいついていけば。では、また。こんな共演があったんだね。なんかひとり変なかっこしとるぞ。...

ON AIR#2796 “BITTER DAYS”

巡回公演の稽古。完璧も、ゴールもない。ただ次、次、次へ行く。稽古場を掃除する赤池と宮武。とにかくヤクシャとしてやってはいけないと思っていることは、同じ失敗を何度も繰り返すということ。演技に限らず、取り組み方含めて(たとえば遅刻をするとか、肝心なときに風邪をひくとか)。失敗は成功のもとになんなけりゃ、それで終り。わかっていても、幾度となく稽古場で苦汁をなめる。×××××なんかに負けない。では、また。...

ON AIR#2795 “DAD HARD”

そんな、江戸村での生活をもう一年以上やっている今川さん。彼が出演する『ゴジラ』を観た。まぁ、うちの劇団の公演だけど。幸せそうだったよね、今川さん。一年に一度でもいいから、また舞台出てほしい。いろいろあるけど、応援しています。ハリウッド版も楽しみだ。...

ON AIR#2794 “IKO NIKKO”

今回はお知らせ。いま、民話芸術座さんのところでお世話になっているのですが、巡回公演が終り次第、栃木県は日光江戸村にて仕事をすることになりました。(いつからいつまでかはまだ分からないんですけど)夏は休みなく営業なんで、とにかく身体を壊さないように。がんばってきます。それでは。...

ON AIR#2793 “Hotchpotch!”

この日も公演を行い、秋田県を出た。後輩の宮武は秋田県の学校さんが温かかったのがよほど嬉しかったのか、なごり惜しそうにしていた。「あー、秋田ほんま住みたいですよ。比内地鶏美味いし」そこかい。確かに宮武は比内地鶏を昨日堪能していたのだが、「あー、でもせっかくなら、きりたんぽも食べたかったですわ。昨日の店、きりたんぽ鍋もありましたよね」と、きりたんぽを食べ損ねたのをずっと後悔しているので、「まあ、いつか...