ON AIR#2078 11年ごし

『ゴジラ』ゲネ、そして初日。
今日もあっという間。

僕が長年あこがれ続けてきた映画監督に会った。
僕がこの世界を目指すキッカケになった映画を撮った監督に。

もう、これは言葉にできない。

とにかく想いは繋がるのだということ。
でも問題は、その先なのだ。
どうする。
スポンサーサイト

ON AIR#2077 ゴジラ出現迫る

そんでもって、今日が場当たり。

それにしても、近くにあるケバブがうまそうだ。

あっという間に一日が終る。
好きなことに、賭けられる毎日。
幸せなことです。

ON AIR#2076 萌里英留

仕込み日だったけど、最後の稽古に行って、通し。
すごい面白いモノになると思う。

その後、劇場へ行く。
新宿のモリエール周辺は誘惑が多いです。
まぁ、ここらへん、すごくよく行くのだけど。

自分は出演しないにしても、モリエールで芝居ができるなんてすごいこと。
楽しみだ。

ON AIR#2075 稽古とご飯

稽古場の周りに、カンタンに飯が食える場所が、コンビニと松屋しかない。
コンビニで食うよりかは、松屋のほうが飽きない。

今でこそ、牛丼(牛めし)はしょっちゅう食べているけれど、
昔は全然食べたことがなかった。
子供のとき、僕にとってはごちそうであった。
たまに食べたのを覚えてる。
そして高校時代でも、国道沿いにあった吉野家の牛丼を、たまーに友達と食べたことくらいしかない。

で、松屋。
実は初めて松屋に入ったのは大学三年生のとき、所沢プロペ通りの店舗だった気がする。
芸プロという役員に所属していたんで、オール明けだったんだよね。
だいぶ遅い松屋デビューである。

すき家になると、もっと後。
二年前くらいか?
今回の『ゴジラ』の劇場、シアターモリエールの近くにある、すき家で食べたのがデビュー。

思えば学生劇団時代、稽古の合間に僕は何を食べていたんだろうか?
練馬春日町の稽古場の周りには、ナンにもなかった気がする。
駅から遠いんだよ。バーミヤンはよく行ったけど。

あ、そういえば中村橋はバリエーション豊富だったな。
飲食店も、生鮮食品店も集中しているので、学生は練馬より中村橋だなと思ったモンである。

ストレイドッグに入った今、なるべくコンビニは避けたいなぁなんて思ったり。
できるだけ、食べられるとこで食べる。
でも、できるだけ自炊したい。
食料、うちに全然ないけどさ。

今日は、松屋のネギ玉牛めしでした。
ドッグの先輩と食べるご飯はおいしいですね!

ON AIR#2074 幸福の今治ハンカチ

母が旅行に行ってきたらしい。
土産は何故かハンカチ。

いまばり

ハンカチなんてめったに使わないのだが、
思い出すと、家にけっこうハンカチあったり。
友達からプレゼントでもらったバーバリーのハンカチまで持ってるんだぜ!

そんなわけでいい機会なので使っている。
ほら、最近じゃ節電とかで、いろんな場所でジェットタオルが使用中止になったりしてるでしょ。
ペーパータオルもなんだかエコじゃないし、だからといって全部自然乾燥に頼るのもなんかね。
まぁあるにこしたことはないかという感覚で。

ON AIR#2073 SPITZ!

これ、前にもアップしたかな。
『夜を駆ける』。
250円でアルバムが買えたから、聴いてる。
不思議なアルバムだったなあ。

ON AIR#2072 いれずみ

たとぅー

左はザ・ロック。
映画『ワイルド・スピード』の最新作にも出演している俳優、ドゥエイン・ジョンソンの、プロレスラーとしてのリングネーム。

右は、ジョン・シナ。
押しも押されぬ、WWEの大スター。
団体トップに君臨する男。


PPVサバイバー・シリーズで激突するとかしないとか。

ロック様の左胸のサモアのタトゥー、個人的には好きじゃない……。
彼の肉体はあまりいじらない方がよかったと思う。

ジョン・シナはボディビルダー出身なだけあり、なんも入れてない。

アメリカのプロレスラーはだいたいタトゥーを入れてる。
CMパンクなんかすごいから。
見て欲しい。
大好きだけど、タトゥーはニガテ。

ON AIR#2071 IFUKUBE

やっぱり『ゴジラ』を演るならそれなりに怪獣映画は観とくべきだよね。
僕はたまたま怪獣映画好きだったから、『ゴジラ』が伝えようとしてることはわかったりできるのだけど。
背景を知るだけでも全然違うと思うのだ。


ON AIR#2070 また備忘録になってしまいますが……。

今日から舞台『ゴジラ』の集中稽古開始。
音響もこれからが勝負です。

ON AIR#2069 世界の終わり

のような、台風でしたね。

都営大江戸線のお世話になりました。


ON AIR#2068 月影

台風が近いんだとか。
今日も雨に打たれた。
思い切って出かけたいときに限って雨が降る。

ON AIR#2067 Some Guys Have All The Luck

今日は一日中稽古。
音を出すのは楽しい。
責任を負ってるね。

『ゴジラ』の稽古なんですけど、
すんごい面白い作品になってきてるんで、
どうか観に来てくださいね。

そういえば、僕が初めて東京で観た小劇場のお芝居は、何を隠そう『ゴジラ』だったのでした。
どこで観たのかいまだに思い出せないけど。
どの団体だったっけ?

ま、いいや。




ON AIR#2066 ばばろあ

僕が公演に出るたび、いつも観に来てくれる人が、
今回、初めて舞台に挑戦しますとのことで、
中野の近くにある劇場まで、彼女の芝居を観に行った。

正直に話してしまうと、彼女以外の役者たちには、何の魅力も感じなかった。
何様と思われるかもしれないけど、
「カタチだけで芝居してる」って自分自身がよく言われるダメ出しの意味が分かるような。
何が面白くてそういう演技プランを立てたのかわからなかった。

その点、彼女は自分らしさを充分に出していた気がする。
本当に、彼女の芝居が一番チャーミングだった。
だからもっと、臆することなく、良い芝居に出て欲しいのになあ。

出会いってのは重要である。
そのときそのときで、いい出会いをしたい。
どんなに大変なことがあれども、僕が出会ってきたものは、良かったものだと思ってる。
そういう意味では、運が良かったとも思う。

もっともっと、いい芝居に出会っていってください。

ON AIR#2065 Steven Paul Jobs

ラジオで聴いたこと。

かの有名な実業家、スティーブ・ジョブズの心がけていることが、けっこう印象に残ったので載せておく。

1.街を歩く時は絶対に通った事のない道を通る。
行き帰りも違う道を選ぶ。
<同じところを歩いていては刺激的なものを見つけられないから>

2.夜寝る前にベッドに入ってから今日成し遂げた事を1つ思い返す
<それが無ければ良い1日ではなかったと思うから>

3.アップル製品のプレゼンの時にはいつも同じ黒いタートルネック
<製品を見せる事を考え黒。壊れていないなら直すなという精神を表現しているそうです>


1は難しいけど、自転車でけっこういろんなところ通るんだよね。
都庁前にフツーにマルエツがあってびっくりしたよ。

2はここのところかなり意識してやってみてる。

3はまぁ、プレゼンとかはあまりやらないけど、オーディションにも服装は大事だ。

おそるべし、スティーブ・ジョブズ。

ON AIR#2064 出逢いは一瞬の別れ

店の有線で、たまに洋楽が流れてて、
それが気に入ったりすると、必死に歌詞をリスニングして、それを携帯でメモって家で検索するんだけど。

最近、「I looking for answer」とかいうサビが流れてたんだけど、どれだけ検索しても出てこないのよ。
ほんのりコールドプレイみたいな……。

すごいいい曲だったんだがなあ。
下手すれば一生の出逢いを逃したような気がする。
音楽って、そういうもんだ。
聞き流したら、それまでなんだ。

ON AIR#2063 HOT!

この残暑はなんとかならんのか。
水筒にいくら飲み物を入れても、自転車で稽古場へ着くころには、ほとんどが飲み終っている。

そして、連日の稽古場から稽古場への自転車移動、
ワークショップで筋トレ、ゴジラの稽古で筋トレ、そして通常のボクササイズで筋トレ。
筋トレだらけ!
今までで一番筋力はあるんじゃないか?

昔より体つきはよくなった自信はあるが、胸筋がなかなか厚くならないんだなあ。

ON AIR#2062 You can't see me. My time is now.

WWEの日本公演が決定した。
RAWのハウスショー、横浜アリーナ。

初めてWWEを生で見たのは2002年。
もうほぼ10年前。
場所は奇しくも横浜アリーナ。
姉と、友達と行ったのだった。
メイン戦はジェリコとロックだった。

最後にWWEを生で見たのは2009年。
二年前?
武道館だった。
劇団の仲間と。
CMパンクがメインをはってたけど、今ほどトップではなかった。

ってか今回はCMパンク先生は来てくれるのかな……。
ジョン・シナはまだ生で見たことないし。
WWEが最近ここまで面白くなるとは思ってなかったので、この緊急日本公演は見逃したくないんだよなぁ。
B席なら5000円で観られる。
あーすごい行きたいよぉー!

ON AIR#2061 TRANS CONTINENTS

主戦バッグを変えてみた。

これまでは、ユニクロ(たぶん)の黒のバッグだったのだが、
もうすんごいボロボロだし、特にここのところ雨に打たれることが多いので、
いつこれを東京に持ってきたかわからない、赤いバッグに変更してみた。

ブランド自体は有名っぽいので使っている。
雨に濡れても中身まで浸透しないんで、自転車乗りにも優しい。

真っ赤なバッグを背中に背負って自転車こいでる男がいたらそれは僕かもしれませんよ!

ON AIR#2060 ゴジラのテーマとともに

TSUTAYAのカードを持ってないというのあるけれど、
舞台とかで必要な曲はだいたいブックオフで買ってしまう。
返すのがめんどくさいし、どうせなら原曲を手元に置いておきたい。
幸いそこまでマイナーな曲が必要になることはないし、価格もかなり安い。

ということで、今回、『ゴジラ』という舞台の稽古場音響を務めております。
ボックスコーポレーションさんの舞台です。

あくまで稽古場の音響なのでね、本番でオペやったりはしないんですが。
前に『アロハ色のヒーロー』という舞台で音響やったりして、音響ってすげー大変で、責任重大な任務だとは重々承知しているつもりです。
大変さもありますけど、楽しさの方が勝ってます。
がんばるぞ。

ON AIR#2059 9.1.1.

9.11から10年。
そして
3.11から半年。

テロも、災害も、防ごうと思って防げるものではないのだけれど、
とてつもない悲劇に、立ち向かおうとしてもなかなかできないのも事実だけれど、
どんなに時が経とうと、忘れないでいくことが、運命に抗うたったひとつの手段じゃないだろうか。

そして何より悲しいのは、恐ろしいのは、防げるはずなのは、差別。
人種差別をする人、放射能差別をする人。
人の心の闇を、怒りをもって照らさなければと思う。

No More Discrimination.

ON AIR#2058 52メートル

てんぼうだい

撮影現場にあった、展望台。
このライトアップ、すごく綺麗だった。

今回、『ゴジラ』という公演の稽古に参加しているんだけど、
ゴジラが50メートルなので、これとほぼ一緒の高さ。
画像をよく見ると塔の下に人が立っているんで、大きさがわかりやすいんじゃないか。

ゴジラは、84年の復活作で80メートルに。
キングギドラと戦うときには100メートルになっているわけだが、
初代は50メートル。

高い建造物には、昔から興奮してしまう。
周りにビルがないぶん、50メートルがとても大きく感じた。

100メートルの高さなら、ちょうど新潟にレインボータワーがあるので、
そちらも確認してみては。
って、何の話だ。

ON AIR#2057 はしゃぎすぎた?

えじま

茨城まで撮影に行ってきた。
写真は、ストレイドッグの後輩江島くんがちゃっかり写ったときのものです。
海の撮影なので、みんな水着だけど遊びにきたわけじゃないよ!

震災の影響なのかはわからないけど、ゴミが大量にあったので拾った。
周辺の民宿などの様子を見ても被害は少ないようだったけど、それでも津波の力は侮れない。

オール茨城ロケの映画なので、
東京からの公開だけど、茨城でも公開されて欲しいなあ。

ON AIR#2056 「ありがとう」「すみません」

ブログの更新が遅いと言われてしまった。
のんびり気楽にやってるだけなんだけど、
「心配になるんです」と言われて、ちょっと面映い。


何か人のためになることをしたときに、「ありがとう」と言われるのは、当然よくあることだけど、
言われるつもりのないところで言われたりすることってないですか。
「ありがとう」と言われれば、嬉しいことは嬉しいけれど、
当然のこととしてやっていることに過剰な感謝をされるという感覚はたまにある。

なんかうまく伝わりづらいんですけど、よくあるんです。そういうことが。
というのも、このあいだ、僕自身が、役者の後輩に言われたんですよ。
後輩に、「ホントありがとね」と、何の気なしに言ったら。

「そんな、ありがとうだなんて。僕らは同じチームなんだから」
という言葉を返された。
心に深くあって。

そのとき思ったのです。
別に感謝するなという意味じゃなく、感謝しすぎるのはよくないって。
僕の言う「ありがとう」は、言ってみればただの社交辞令だったなと。
心から、人のために、言ってない。

相手は与えられた責任を全うしただけなのに、
「責任以上のことをさせてすまなかった」や「大変なことを引き受けてくれてありがとう」って言うのは、
極端に言えば、相手をすごく下に見てるってことに繋がる。
怖いくらい無意識に。
相手の責任能力が低いのだと考え、人の上に立ちたがる欲求でしかなかったのかもしれない。

感じた言葉を射ることが、感謝。
僕は本当に感じた言葉を伝えていただろうか。
だからこれからは、人に面倒をかけたときに、スマートに感謝を伝えられたらなと思うのです。

これは「すみません」にも言えることだけど、
感謝や謝罪を言うことで、自分を納得させて、責任を放棄するような言い方をしてないですか?
本当に感謝してますか?
本当に悪いと思ってますか?

まずは、稽古中とかで、すぐ「すみません」と言わないとかさ。
本当に謝りたくなったときに、その言葉を使おう。

ON AIR#2055 胼胝!

ちょっと前から、鉛筆を使っている。

別に、意識して鉛筆を使い始めたわけではなく、
ただ単に、お気に入りだった無印のシャープペンを、
(残り芯1ミリまで使えるヤツ。それなりに高かった)
購入してから半年も持たずに失くしてしまったからなのだが。

鉛筆とシャープペン、どっちが使いやすいかという議論はよくあるけれど、
僕自身は、まぁどっちでもいいじゃん、という方。
どちらにも用途とか、メリットはあるからね。

僕自身、鉛筆に大して思い入れはないんだけども、
久々に使い始めて、なんか懐かしい感じになった。
タコができるくらい使ってた頃を。
ほかに鉛筆の良さを挙げるなら、なんとなくだけど、肩がこらなくなって、字が上手く書けるようになった、かな。

もともと、文房具は好きなので、しばらく鉛筆を使ってみます。

ON AIR#2054 保護!

人から来たメールを、僕はよく保護するのだが、
「一件選択保護」「一件選択解除」のほかに、「全件保護」「全件解除」というのがあって、
うっかり「全件保護」なんかを押してしまった日には、最悪である。
まずは「全件解除」して、それから、また膨大なメールの中から保護していたメールを保護し直す作業。

気が遠くなるからなるべく気をつけているのだが、
ここのところ、脳みそがバカになっているのか、一ヶ月に3回はやってしまう……。

そう。今日もやってしまったのである。
めんどくさいよ・・・・・・。

ON AIR#2053 Elizabethtown

録画していた『エリザベスタウン』という映画を観ていた。
オーランド・ブルーム主演の、男が好きになりそうな、とてもいい映画だったのだが、
ところどころに見覚えがあるなぁと思っていたら、2008年にDVDで観ていたらしい。
いい映画だったのに、あんまりストーリーに記憶になかったということは、
当時はあんまりいいと思わなかったのだろうか。

当時と今では、もちろん考え方とか生き方が変わってきているはずだけど、
映画を流すように観ていたんではよくないなぁと。
もっとじっくり映画を吸収したいものだ。

キルスティン・ダンスト自身にあまりドラマをつけなかったのは考え物だけど、
スーザン・サランドンといい、その芝居だけで観てられる。

120分くらいの映画だったはずなのだが、テレビだと、110分くらいに縮められてして、
その間にはCMもかなり入ってたから、実際のところは、100くらいだったんじゃないだろうか。
どこがカットされていたのか知りたいので、DVD借りたい。
いや、むしろカット版のほうが見やすくなっているのだろうか。
いずれにしても、また観るだろう。

ケンタッキーからオレゴンまで帰る旅路のシーンを観ながら、
アメリカへ行きたいなどと思っていたのだった。

ON AIR#2052 THE KIDS ARE ALL RIGHT

e0222113_21202135.jpg

『キッズ・オールライト』。
アカデミー賞の主要4部門にノミネートされていたけど、無冠に終ったこの作品。
でも、正直受賞作である『英国王のスピーチ』や『ブラック・スワン』よりも、
訴えかけるものはあった気がするんだよね。
受賞した二作品よりも、よりリアルな現代劇として、心に残ったよ。

だから賞をもらってるかとかよりも、自分の心と、映画を対話させないといけないと思う。
先入観や予備知識より、自分の直感だ。

ミア・ワシコウスカは、素晴しい!
あのキスシーンは、正直ドキっとしちまったよ。

もちろん、欲を言えば、もうちょっとマーク・ラファロがやってた役を活かせたんじゃないかという気もする。
まぁ、爽やかに終りたかったんだろうね。

とにかく、いい映画ですので未見の方は是非。

ON AIR#2051 あれぐら

ものすごいジンマシンができてしまった。
全身ブッツブツ!
何が原因なのかまったくわからない。
7時間苦しみぬいたあげく、
おおげさだけど、
救急で病院へ行って、
薬もらって、
飲んだら1時間で治った。
それ以来出る気配がない。
ふしぎだね。
そして薬ってすごいな。

ON AIR#2050 世界一ごはん

こないだもこの人の曲のことを書いたけど、
ホントに歌詞がいい。
もちろん、メロディもいいんだけど、詞をメロディに乗っけたときになじむ。
これって才能なのか、本人が意識しているのかわからないけど、とにかくいい。
星野源さんに続いてファンになりそうだ。

母の飯は確かに美味しい。
茄子ミートカレー。
トマトサラダ。
鳥唐。
けんちん汁。

ってか、この人は、感謝上手というか。
おばあちゃん、お母さん、ジュリー・アンドリュース。
素直に人に「ありがとう」と言える人ということが、実際会ってなくても歌から伝わってくる。
こういう人になりたいな。


ON AIR#2049 台風12号

地元がとんでもない雨だったらしい。
NHKのニュースにも映像が出てたが、ものすごかった。
滝のような雨。

本気で調べたわけじゃないから本当のところはわかんないけど、
この25年、地元ではこれだけの自然の被害に見舞われたことがなかったと記憶している。

東京のほうがあんまり壮絶な感じにはなんていないのだけど、、
東京と埼玉でこんなに天候が変わるのかと改めてびっくりした次第である。

地元の皆さん、大丈夫だったでしょうか……。
特に大久保山とか、女堀川とか、山や川の付近の人は大変だったんじゃないかな……。