archive: 2007年09月  1/1

ON AIR#630  気もそぞろ。

No image

普通に生きるって難しいなぁ。...

  •  0
  •  0

ON AIR#629  ただただ笑っていたいねぇ

No image

忙しい日々の隙間を縫って縫って友人に会いました。いつも思うことなのですが、こんなに気の置けない友人はこの大学では他に誰もいないなぁ。...

  •  0
  •  0

ON AIR#628 どうすれば時が過ぎる 言葉はいつも役に立たない

No image

なげーな会議。もうこんな時期なんだなあ。学祭の時期か、時の流れは本当に早い。伝えたいことや話したいことはたくさんあるんだけど、限られた時間の中では、本当にちょっとくらいしか手渡すことができなくて。生きることは老いることだから、時の流れにあらがうことは不可能なんだけど、その中で、家族でも友人でも恋人でも、少しずつ大切なものが増えていくのなら、きっと悲しいことではないだろう。だからこそ、エゴでしかない...

  •  0
  •  0

ON AIR#627 専攻分野の話

No image

まったくもって書けない。時間もないが、納得するものができない。行き詰まったーorz...

  •  0
  •  0

ON AIR#626 ~Make me free!~

No image

一度入るとなかなか代わってはもらえないのが現状。今現在、日曜しか空いてる日がないのです。学祭が終わったら、確実に週4とかなんだろうなぁ……。忙しさを理由にして、他のものをないがしろにしてはいけないなぁ。と自分に言い聞かせています。暇っていうのはあるものではなく、作るもの、らしいです。...

  •  0
  •  0

ON AIR#625 ~男ってのはだいたいマザコンです。~

No image

今日は別に面白くもなんともない授業に出ていた。こんな授業なんかが将来の糧になるのか、まったくもって疑問に思う。どうして、今いる大学、学科、コースを目指してきたのか、それは分かってはいるけど、今やっている勉強を、自分の力になりましたと、将来で言うことはとてもできそうもない。自分が求めていることに、大学は答えてはくれない。それは僕の贅沢な悩みでもあるのだろう。不安だけが募る。やっぱり専門にいくべきだっ...

  •  1
  •  0

ON AIR#624 ~「生きがい」~

No image

何をしてたっけ。そうだ、長電話をしたんだ。気まぐれにgooで検索をしたら、「生きるに値するだけの価値」とあった。この言葉を完璧に英語に訳すことはできないみたいだ。こういう言葉を聞ける国に生まれてよかったと、少し嬉しく思った。大学の夏期休暇最後の日だったのです。...

  •  0
  •  0

ON AIR#623 ~楽日~

No image

fc2ブログが不手際を起こしたかなんかで、ずっとログインできない日々が続いておりまして、結局何を書こうかわからない。だから言いたいことは劇団のHPの掲示板に書いておいた。本名公開しちゃうことになるけどね。ま、いっか。少しでも劇団が大きくなっていけば、と思います。http://homepage2.nifty.com/s-vanguard/...

  •  0
  •  0

ON AIR#622 ~中日~

No image

2ステ目。悔しいミスが多かった。ってかなんでワイシャツが全開に……。間延びの原因に。個人的にはテンポも悪い。応援してくれる方がたくさんいた日でした。バイト先の先輩も来た。その分緊張もすごくて、昨日同様、ガチガチでした。終わった後、話せて本当に嬉しかった。こういう些細なことが、大きな力になりました。すると3ステ目、緊張が抜け、いい演技ができた。テンポも前の二つより格段によかったし、何よりやってる自分が...

  •  0
  •  0

ON AIR#621 ~初日~

No image

めちゃくちゃ緊張したわ。ガチガチだった。一年ぶり二回目の演技。ブランクとかそういうのは一切関係ない。やれるかやれないか。でっかいミスはしなかったけど、細かい部分で間違ってしまった。中学時代の友人がやってきてくれて嬉しかった。自分自身と、自分を今日まで厳しい目で育て上げてくれた演出家のため。応援してくれた人のため。そして昨日電話で励ましてくれた人のため。この日から怒涛の三日間がはじまったのでした。関...

  •  0
  •  0

ON AIR#620 ~正夢/スピッツ~

No image

膝の震えを止めるのに必死だった。もし宝くじで3億円当たっても、今のこの喜びの前では足元にも及ばない。明日から本番です。成功させたい。ありがとう。愛は必ず 最後に勝つだろう そうゆうことにして 生きてゆける...

  •  0
  •  0

ON AIR#619 ~よし!~

No image

今日から再び弟と一緒の生活突入です。もうすぐ舞台の本番です。かなり思い入れがあります。来てね!!...

  •  0
  •  0

ON AIR#618 ~September~

No image

なんでなんだろう。深い意味はないのかもしれない。でも、どうしよう。僕の中では、「また」ではなく、「まだ」なのだ。それが分かってるから、探ってしまうよ。そして、願ってしまっている。僕の勘違いだよね。そうなんだよね。そう言い聞かせて眠りにつく。頑張るから。あと少し。そう思えたなら、いい。...

  •  0
  •  0

ON AIR#617 ~Donald Fagen~

http://jp.youtube.com/watch?v=WX5V53Trngo&mode=related&search=ラジオでこの人に逢えたのは奇跡です。ラジオは隠れた名曲に恋する旅ですよ。さて、この曲のタイトルは「I.G.Y.」。山下達郎はこの人の影響受けてるのかは分かりませんが、この曲を達郎氏にカバーして欲しいくらいです。それにしても、ここまで完全無欠のリズム、メロディがあるのか、と感じ入ります。転調の自然さに驚きました。ボーカルの独特のため方なんて、鳥...

  •  0
  •  0

ON AIR#616 ~Melee~

http://www.meleerocks.com/書くこともあまりなくなってきたので、今日は最近好きな音楽を。ベタな話題ですよね。メイレイというバンドの、「Built to last」が好きなのです。メロディも詞もベタベタすぎるくらいキャッチーなのに、何故か他のありふれた洋楽曲とは一線を画しているように思えます。印象的なピアノの旋律や、綺麗なコーラス。伸びのある優しい低音ボーカル。コード進行やメロに逆らわないで、サビを滑らかに歌い上...

  •  0
  •  0

ON AIR#615 ~中島らも 「お父さんのバックドロップ」~

誰の父さんも、そのお父さんそれぞれの個性がある。親は選べるわけではないから、子供はそれを好きになったりするのも嫌いになるのも自由であると、基本的には思う。自分だってそうだから。この物語には、いろんなお父さんと子供が存在する。特殊な世界に生きる父さんもいれば、普通な仕事をするお父さんもいる。しかし、どんな父親にも、子供を思い、守ろうとする姿勢は変わらない。月並みなテーマを、わかりやすい文章で、心地良...

  •  0
  •  0

ON AIR#614 ~板ばさみ~

No image

学祭も近いんだなあ。実は心が折れそうになっていた。なんとか持ち直さねば……。でも、やはり僕は恵まれている。これで生きたい! という譲れぬものがまだあるから。...

  •  0
  •  0

ON AIR#613 ~ガメラみたいな首相は出ないものか~

No image

髪の毛が短くなった。安倍さんが辞任表明をした。日を浴びると力が弱くなるのはギャオスに似てる。小泉はゴジラみたい。...

  •  0
  •  0

ON AIR#612 ~伊坂幸太郎 「グラスホッパー」~

強烈な筆致。文章を過去形するのではなく、「~する」など、現在形の表現を多用しすることで、物語の緊迫感が増している。次に何が起きるのかをまったく予想させない構成の本作において、現在形の表現はすごく効果的だった。個人的ではあるが、映画に影響された表現も多いのだ。親近感が持てた。伊坂作品の、個人的趣向を凝らし続けた作品が今、評価されているのは興味深い。ラストにかけての展開は腑に落ちない点が多い。どう考え...

  •  0
  •  0

ON AIR#611 ~国はわかってくれない~

No image

倒壊したビルの粉塵が原因で肺気腫を犯されてしまった人の記事が新聞に載っていた。ビルの倒壊が原因と断定してもらえず、充分な手当てを受けられないのだという。はるか昔この日本で起きた原爆が原因で今も苦しんでいる人たちもいる。その記事はそれを思い出させる。9,11が、今も続いているということを、まざまざと知らされた。...

  •  0
  •  0

ON AIR#610 ~また「つらい」が1UP~

No image

本当に伝えたい言葉ほど、いとも容易く他の音にかき消されてしまう。伝えたくないわけがないんだよ。忘れるわけがないじゃない。あの日、送られてきた言葉の意味とか、少しずつ分かり始めてきたのかな。いずれにしても、もう、遅いのかな。バイト4日連続勤務初日は、ぼんやりと過ごしてました。...

  •  0
  •  0

ON AIR#609 ~風の中~

No image

おかげさまで、スターダスト・ピクチャーズからはもう連絡はこない。完全に用なしですよ。それくらい俺にだって分かる。そんな今、自分や他人が平気でやっている言動がくだらなく思えてしまうんだ。僕はずいぶんと卑怯な演技をしている。ごめんよ。楽しむことはできても、やっぱりどこかみんなと考え方が合わないとき、どうしていいかわからなくなってしまう。答えがすぐそこらへんに転がっていればいいのにね。早く時間が過ぎてし...

  •  0
  •  0

ON AIR#608 ~社会の壁~

No image

スターダスト・ピクチャーズという会社のバイトで依頼されていた仕事を提出したら、かなりケチョンケチョンに言われた。自分の力のなさを痛感した。自分の映画に対する才能や熱意は、所詮そのくらいのレベルだったのだろうか。うまくいけばプロットを書かせていただけたり脚本を書かせていただけるチャンスだったのに。バイトからの就職とかを考えていた自分が馬鹿馬鹿しく思える。現実は甘くない。3000円は、きっと手切れ金だな。...

  •  0
  •  0

ON AIR#607 ~まずすぎジントニック~

No image

そういえばバイト先の女子高生が、ついにクビにされた。ホール少ないよー。どないしょ……。おかげさまでここ最近は週4生活になりそうです。こないだバイトの先輩や店長と飲みにいったりしました。新井薬師は奥深い。...

  •  0
  •  0

ON AIR#606 ~今宵、フィッツジェラルド劇場で(2006)~

ロバート・アルトマン監督の遺作として有名ですね。この監督の作品は映画というか、どこか演劇的に台詞と台詞を繋ぎ合わせて、会話の中からひとつひとつのドラマチックな部分を引き出してくる。それが観る人に合うかが問題かもしれない。ラジオというメディアを媒体にして、劇場でのライブが行われていたという事実があり、それを元にした素敵な物語ではあると思う。一つの時代が終わるという寂しさを表現できている。しかし、いか...

  •  0
  •  0

ON AIR#605 ~あかね空(2006)~

フィルムコミッションなどで僕の地元がけっこう使われているらしい映画作品。一線から退いた篠田正浩には申し訳ないのだが、やはり彼とはあまり脚本の趣向が合わないようである。大きなハプニングで押すわけでもないこの作品の場合、重要になってくるのが、どうしても主人公の心の葛藤になるのだろう。深川の下町にやってきて地道に豆腐屋を続けようとする、関西弁の抜けない主人公、永吉とそれを支える、おふみのけなげな姿勢。豆...

  •  2
  •  0

ON AIR#604 ~ハウルの動く城(2004)~

宮崎アニメはどこまでもファンタジックで、この想像力を少しくらい恵んで欲しいと思う。この作品も、原作こそあるものの、その世界観はすさまじく面白い。ここ近年の宮崎アニメでは、久々にその世界に生きたいと思える作品だった。ソフィーの顔の変化、動く城の動きが素晴らしい。倍賞千恵子の声優としての幅にも圧倒される。アニメでなければできない表現方法を追求していく姿勢が見て取れる。ただ、後半の戦争のくだりがどうして...

  •  2
  •  0

ON AIR#603 ~魔女の宅急便(1989)~

ジブリの名作の一つですね。対して主人公たちの感情の起伏もなく、日常をあっさりと表現しているだけに見えるのに、見習い魔女のキキが自分の知らない街で頑張る姿を、知らず知らずのうちに応援してしまうのは、やはりキキの心の中に、等身大の人間がつめられているからなのかもしれない。どう登場人物を動かすかにとらわれて、そのキャラクターの芯にまで入り込むことを忘れてしまっている映画は多い。その中で、この映画は、日常...

  •  0
  •  0

ON AIR#602 ~Pleasure'98~人生の快楽~/B'z~

No image

戻りたい……ね。過去に戻りたいとあまり思ったことは無い。それがどんなに甘くいい過去だったとしても、終わってしまう辛さをもう一度味わうくらいならば、むしろ未来に早く行きたいと思っている。いつ終わるか分からないその危機感が、大事。何が起きるか分からないその期待感が、大事。一晩中ギターと女の裸で盛り上がってたあいつもそつなく大手に就職決まりためらいがちの出世街道 重いマーシャル運んでた腰の痛みまだ覚えてる...

  •  0
  •  0

ON AIR#601 ~クラッシュ(2004)~

アカデミー賞の脚本賞を受賞した作品。ひとつひとつの台詞のディティールや、物語の核を表すアイテムは効果的に使われてる。個人的には物語の本質を声高に見せようとするのではなく、ごく普通な生活の中で、アメリカの抱える闇を表現して欲しかった。すこしジメジメしすぎている、気がする。メッセージを伝えようとすればするほど、観客は引くものだ。もっとベーシックに物語を構築していくことで初めて、伝わるメッセージもあるの...

  •  0
  •  0