Radio Wavelog -Contact Of Personality-

Navigated by Takashi Tajima

ON AIR#3764 “GUKO-ROKU(2016)”

江戸村生活、七日目。
昼間、雨が止んだけど、夕方になってまた降り出す。
今日は殺陣の稽古もあり、帰りが遅くなった。


こっちに来る前に、『愚行録』という映画を観たのだが、
これがなかなか、ゾクっとするような映画で。
向井康介さんの脚本が前から好きなので、
多くの脚本作品を視ているけれど、今作もよかった。

原作の言葉なのか、向井さんの書いた科白かは分からないけど、
「日本は“格差社会”じゃなくて、“階級社会”なんですよ」
って言わせたの、グサリときたな。
俳優なんかやってると余計にそう思うよ。
みんなみんな、階級に縛られて、くだらない価値観から逃げられずに死んでく。

オフィス北野さんの製作っていうのがまた良い。
こういうダークな映画をどんどん出してほしいものです。

では、また。


36b7051c12019d75.jpg
  • Comment:0
  • Trackback:0

ON AIR#3763 “SPOIL YOUR LIFE”

江戸村生活、六日目。
雨が降り続く。いつになったらやむんだろう。



自分の人生だから、
後悔のないように。

使い古された言葉ほど、
いざというとき、重いものだ。

どうしたらいい?
いつか答えを出さなくては。

小さな後悔が、身を蝕む。

では、また。



ON AIR#3762 “Lasting War”

江戸村生活、五日目。

終戦記念日か。
当然ながら、戦争を知らないので、
その当時がどんなんだったか、
本当の意味で知ることはできない。
何があったか、何が真実か、何が事実か、
誰が悪くて誰が正しいのかは、
その国家や個人によって違ってくる。
だから、あの出来事によって永遠に解り合うことは、
戦後70年以上経とうが、どれだけ国交が回復しようが、ないのだと思う。

それでも、知ろう、と思うことが一番大事だ。
学校の勉強ではなく、
人生がある限り一生続く勉強がある。

それは江戸時代でも同じ。
昭和ですら知ることは大変なんだから、
はるか昔の江戸時代となればもっと大変なんだけどね。
学ぼうとする姿勢。
恐れずに、知ろう。それが明日の自分のためになるから。

では、また。
江戸時代があるのは戦国時代のおかげだけど、
戦国時代も、結局は戦争だから、
大河ドラマになるほど美しくかっこいい時代だとは思わない。

ON AIR#3761 “wasted my life”

江戸村生活、四日目。
時の流れが速い。
って、江戸村に来るたび書いてるなあ。

これから先、こんな生活がずっと続いて、
なんの変わり映えもないので、
記事書くこともなくなっちゃうなあ。

テレビを視ていると、
命と向き合うような番組が多くて、気が滅入りそう。
でも、お盆で、終戦記念日の近い時期くらいは、
こういうことを想わなくちゃいけないね。

絶対見なくちゃいけない映画より、
流し見できる映画とかドラマのほうが、
いまの心理状態では合ってるかも。

では、また。

IMG_20150108_222615.jpg
【二年前の俺 ギリギリ20代】

ON AIR#3760 “KinNiku-no-Otoroe”

江戸村生活三日目。

基本立っている仕事なので、
ずっと立つっていうのは、足の筋肉がいる。
普段どんだけ怠けてたんだって感じだけど、
初日(11日)なんかは、そりゃもう、足がパンパンになって疲れるんだよね。
でも動物の筋肉ってすごいもので、環境に適応した筋肉を作ってくんだよね。
三日もやっていると、もう大丈夫になる。
風呂に入ったときの、お湯が疲れ切ったお湯をつかむようなあの感じも、
いつの間にかなくなってしまう。
どっかのスポーツジムの代表がなんかのテレビで言ったけど、
筋肉を鍛えたかったら、筋肉に「鍛えなくちゃいけない!」って思わせることが大事らしい。
やっぱり環境に身をおかないといけないってことだねー。
一駅ぶん歩いて現場行くとかさ。
栃木でそんなことしたら確実に仕事に遅れるけどね。

では、また。


20170813_100443.jpg